ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

01月≪ 02月/12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元旦

明けましておめでとうございます。

お正月はあっという間に終わりました。

元旦は母方の親戚と恒例の新年会。従兄弟たちが結婚してもファミリーでまた一緒に集まってくれて、とても賑やかで楽しいです

しゃぶしゃぶ、蟹すき、ローストビーフ、刺身、ケーキ…たくさんのご馳走を食べて大満足!

私が準備したのはこれまた恒例のキッシュ。今回は、鮭&かぶ、ほうれん草の2種類。
生地作りからの準備が結構大変なので、来年から別メニューにしようか考え中。今回はまさかの大晦日の夕食準備も加わったので更に大変でした

とにかく、毎日食べて飲んで笑って喋って、あっという間でした!

今年はどんな年になるのでしょうか。
元旦から良い報せもあり、いい1年になるといいなと思います
今年もどうぞよろしくお願いします
スポンサーサイト

大晦日 2017

2017年も色々ありました!
夫婦では、ポーランド&ドイツ旅行を始め、国内も旅行や日帰りであちこち出かけました

自分自身でのビックリ出来事は、段差で転倒して怪我、口の外と中を何針も縫ったことまぁ、幸い跡も残らず見た目には何にも分かりませんが、来年はちゃんと下を見ながら歩こうと思います。

また、4回目となったザ・フェニックスホールでのリサイタルをすることができ、音楽面でも充実した年を過ごせたと思います。

今日は家を掃除してピカピカにして、新年の準備して、ケーキも作って…
今年のケーキはチェリーを挟んだチョコレートケーキ

そして、まさかの配送トラブルにより鴨が届かないという事態に、急遽買い物に出かけ、私が夕食も作りました
鶏肉のバルサミコ酢煮込み、キャベツのサラダ、カブのサラダ…などなど。両親と下の弟がうちにやって来て、毎年恒例の鴨鍋はできなかったけれど、いつもと違う雰囲気の大晦日のディナーになりました

ちなみに、下の弟が帰省してきましたが、今年は上の弟一家は帰省できないため、愛する姪っ子ちゃんも来ないんです

さて、来年はどんな1年になるんでしょうか。
毎年予期せぬことは起こるものですが、良いことがたくさんありますように…

2017年も本当にありがとうございました。
2018年もよろしくお願い致します

クリスマス 2017

クリスマスが終わると一気に年末の雰囲気に変わりますね。

今年も小学生の生徒さん中心にクリスマス会をしました🎄

普段のレッスンで取り組んでいる曲とクリスマスの曲とを演奏してホームコンサート🎶
それからパーティーです🎉

ケーキ、いちご、たくさんのお菓子!
保護者の方々と和やかにお茶を飲んで話している間、子供たちは賑やかに遊んでいます。
子供たちは何も遊び道具がなくても色々と遊びを考え出すもので、すごいですね~。

とても楽しく過ごしたクリスマス会でした❤️



クリスマス会用に作ったケーキ。いちごのムースです。


さて、24日のクリスマスイブのディナーは両親も呼んで一緒に食べました😊

ごぼうのポタージュ、パプリカのマリネ、白菜とりんごのサラダを作って、ステーキを焼いて、チーズを切って、頂いた生ハムやオリーブも全部一緒にテーブルに並べました☺️
夫はお花を用意💐

クリスマスなんだけど、忘年会のようでもありました(笑)



クリスマスに作ったショコラとマロンのケーキ。最近あまりケーキを作っていませんでしたか、また色々作っていきたいなぁ!



食後のコーヒーと。


これからはお正月準備をしていきます!

紅葉

リサイタル後は少しのんびり過ごしていましたが、今年はたくさん紅葉を見に行きました
夫婦でよく遊ぶ(笑)

京都の紅葉と言えば、永観堂。





黄色の絨毯も美しいですね。


それから、北野天満宮のもみじ苑。

先月初旬に一度行ったのですが、まだ紅葉はしていなくて、再度行きました
その時はもう日が暮れていたのでライトアップです。








奈良にも観光に行きました。


法隆寺。


ボランティアの方がガイドをしてくれるというのでお願いしたら、とても熱心で、3時間20分かかりました😂
お陰でかなりの勉強をした気がしますが、夫が予定していたランチは食べ損ねました。


薬師寺。




唐招提寺。



池に映える紅葉。ちょっと寂しげなところが雰囲気ありますね。


紅葉と言っている間にもう真冬並みといわれる寒さ、そして気付けば12月ももう半ばに差し掛かっています。
2017年ももうあと少し・・・。
あっという間に日が過ぎていくでしょうけど、引き続き色々と楽しみつつ、今年を振り返っていきたいと思います!

出雲&松江旅行②

ビュッフェの朝食をたっぷり食べてから、車で出発!


P1090800_convert_20171111181129.jpg
 足立美術館。朝早いのですいていました。


P1090808_convert_20171111181242.jpg
  有名な庭園。奥に滝が見えました。

P1090815_convert_20171111181317.jpg
  とても美しい庭園です。美術館では秋をテーマにした展示など、絵画を色々楽しめました。

P1090834_convert_20171111181403.jpg
  美術館内にある寿立庵。ここで抹茶とお菓子をいただきました。あんことお砂糖を練って何層にも重ねたというお菓子。

美術館の近くの食堂のようなレストランでお蕎麦を食べて、今度は松江を目指します。

P1090839_convert_20171111181435.jpg
 見えてきました、松江城。お城近くの駐車場が満車だったので少し遠いところへ停めたのですが、かえって歩けてよかったです。

P1090855_convert_20171111181900.jpg
 凛々しい松江城うっとり国宝です。

P1090867_convert_20171111181929.jpg
 城内。

P1090876_convert_20171111182004.jpg
 天守閣からの松江の街並み。

P1090879_convert_20171111182042.jpg
 お堀。

P1090881_convert_20171111182108.jpg
  お堀に沿って歩きます。

P1090880_convert_20171111182408.jpg
  小泉八雲記念館。生涯の説明、作品の紹介、彼の持ち物などの展示。色々と詳しく知ることができました。館長さんは八雲の曾孫にあたる方だそうです。

見学したかった武家屋敷は修理中で見学不可。どうするどうする、もう行きたいところなくなったよ。
うろうろしていましたが、思い立って明々庵へ行くことにしました。

P1090887_convert_20171111182505.jpg
  明々庵入口。

P1090889_convert_20171111182539.jpg
  ここでまたお抹茶。不昧公三大銘菓のうちの落雁と求肥のお菓子を2種類いただきました。甘いけれど柔らかくて上品なお菓子。不昧公は、松江藩の第7代藩主ですが茶人としても有名だそうで、そういった色々なお話も聞き、三大銘菓詰め合わせセットも買いました!来年は不昧公200周年とかで、あちこちでお茶会が開かれるそうです。

P1090890_convert_20171111182632.jpg
  お茶席からの庭の眺め。  

P1090893_convert_20171111182704.jpg
  お庭も一通り歩いてゆっくり見ました。



P1090901_convert_20171111183631.jpg
  宍道湖の夕日。ここは夕日の有名なところらしいのですが、うっかり知らなかったのです。車を走らせている時に真ん丸で真っ赤な夕日を見て、降りて見たい!と停められるところを探して停めたものの、そこから夕日は見えず・・・すると女の子が声をかけてくれて夕日の見える公園を教えてくれました。沈んでしまう!!と慌ててまた車で走り、車を停めて、さらに公園へ向けてダッシュ。でも、やっぱり沈んでいましたそれでも車の中から見た光景はしっかりと目に焼き付いています。

それから旅館へ向かい、のんびり過ごしました。

とっても充実した2日間
またこれからも頑張れそうです

出雲&松江旅行①

リサイタルの疲れを癒す旅、夫婦で出雲と松江に旅行してきました

土曜日の私の仕事が終わってから車で出発。私がハンドル握りました・・・いつまでも「運転できない~」ではダメかなと思い頑張りましたが、夫は横でガチガチになっていました(笑)

翌朝は早起き。さっさと旅館を出ます。

P1090681_convert_20171110180006.jpg
 やって来ました、出雲大社。リサイタルの時の悪天候とは打って変わって旅行中は快晴。

P1090713_convert_20171110210450.jpg
 松並木。


P1090697_convert_20171110180108.jpg
 縁結びの神様。


P1090710_convert_20171110180402.jpg
 うさぎ。因幡の白うさぎですからね。


さて、石見銀山へ向かいます。出雲大社からだいたい車で1時間くらい。

P1090730_convert_20171110183017.jpg
 石見銀山へ向かう途中で車を停めて日本海を眺めました。

石見銀山に着いてからお昼ご飯。出雲そばを食べました!
少し休んでから町を散策。

P1090737_convert_20171110210622.jpg
  江戸時代の雰囲気を残す大森地区。家には柿が吊るしてあるところもちらほら。とても風情のある町並みです。


P1090740_convert_20171110210736.jpg
  ガイドツアーで銀山を上ります。17人のグループ。人数多いので、ガイドの方の説明を間近で聞くための、列の一番前争いが起こりました。私達は当然?一番前を陣取っていたわけですが、ささささっと前に出る人もいるしで、なかなか熾烈な競争(笑)

P1090745_convert_20171110210812.jpg
 龍源寺間歩。いよいよ内部に入ります。


P1090753_convert_20171110210902.jpg
 サザエの空に油を入れて燃やして照らし、鉱脈を見つけるそうです。その鉱脈に沿って掘られた坑道。大きさは人が横になってやっと入れるくらい。仰向けになったまま掘り進んだとか・・・。働く人は30歳まで生きるのは難しく、30歳を迎えたら尾頭付きの魚でお祝いしたそうです。

今日はガイドツアーを頼んで、説明を聞きながら山を登って本当によかったです。個人でももちろん行けますが、何が何だか全く分からなかったでしょうね。銀山の歴史や、なぜ世界遺産に登録されたのか、色々と解説してもらわないと何を見ればいいのか分からない世界遺産です。

P1090794_convert_20171110210944.jpg
 大森地区から見た山間の街並み。武家屋敷や豪商の家にも入りました。

朝から堪能した1日でした!
夜は温泉に入って夕食を食べて、また温泉に入って・・・ゆっくりしました

Schumannkreisと私―リサイタル終わりました。

10月29日(日)、リサイタルが終わりました。
ご来聴くださった皆さま、本当にありがとうございました。

なんと、まさかの台風もご来聴
前日から気分はどんよりしていましたが、当日はとてもたくさんの方が来てくださって、こんな中でも足を運んで下さった方々に感謝の気持ちが込み上げました。
コンサートが終わる頃には雨も止み、薄日が差していました!

当日は朝から夫がそわそわそわそわ、開演前には「うわ~緊張する!」「緊張してきた!!」「いよいよ緊張してきた!!!」

弾くの私なんだけど・・・。

その2週間ほど前、夫は人生初ぎっくり腰になり、あ~迷惑。連れて行った整骨院では「この忙しい時にご主人の介護も増えて大変ですね~」と言われました。ほんとほんと。でも、当日は夫も腰も元気になり、本番中は夫が一番拍手を送っていたと色々な方から聞きました。
両親も含め家族の応援は何より大きなものですが、今回は夫婦で取り組んだリサイタルだったような気がしています。

さて、今回は初めて前半と後半とドレスを着替えてみました。効果あったのかしら??
前半はずっと同じメロディーが流れ、後半のシューマンのソナタに向かってだんだん高ぶっていく構成でした。
ロベルト、クララ、ブラームス。3人の織り成す濃い関係が、それぞれの曲に詰まっているのだと、プログラムノートを書きながら改めて感じていました。それと同時にブラームスってちょっと不憫だなぁと思ったり。。。

アンコールでもSchumannkreis。ブラームス/ワルツ、クララ/マズルカ、シューマン/トロイメライ。
トロイメライはいつもリクエストがあるのでよくアンコールに使っていますが、今回はちょうどぴったり!!

終わってしまえばあっという間の本番です。
その時までに過ごした時間を振り返りつつ、色々と自分の演奏に思うところもありますが、これからも音楽の幅を広げられるよう積み重ねていこうと思います。
次はどんなプログラムにしようかじっくり練っていきます。

どうぞこれからもよろしくお願い致します。
ありがとうございました

北中綾子

北中綾子ピアノリサイタル 2017

リサイタルのお知らせです

北中綾子ピアノリサイタル
Schumannkreis ~シューマンをめぐる愛と友情~


2017年10月29日(日)
ザ・フェニックスホール (梅田新道交差点「フェニックスタワー」内)

15:00開演  (14:30開場)

入場料 : 3500円 (学生2000円)

【プログラム】
クララ・シューマン / ロベルト・シューマンの主題による変奏曲 嬰ヘ短調 作品20

ヨハネス・ブラームス / ロベルト・シューマンの主題による変奏曲 嬰ヘ短調 作品9

ロベルト・シューマン / 「色とりどりの商品」作品99より 第1曲・第2曲・第3曲・第4曲
                アレグロ ロ短調 作品8
                ピアノ・ソナタ 第1番 嬰ヘ短調 作品11

 * * * * * * * * * * * * * * *

3年ぶり、4回目のザ・フェニックスホールでのリサイタルです
過去3回のリサイタルでは、得意としたシマノフスキを始め、ポーランドの作曲家を取り上げていましたが、今回はポーランドから離れ、ドイツの作曲家でプログラムを組みました。

Schumannkreis とは シューマンの輪という意味。シューマンを含めた3人の作曲家の、それぞれの関係はとても深いものでした。
シューマンとクララ・シューマン  → 夫婦
シューマンとブラームス      → 友人
クララ・シューマンとブラームス  → 友達以上恋人未満 ??

シューマンを取り巻いた、愛、敬意、友情、これらと音楽の結びつきを表現したいと思い、温めてきたプログラムです。

ぜひともご来聴頂ければ大変嬉しいです
チケットは、チケットぴあなどでもお求め頂けますが、メッセージを頂けましたらご用意させて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

リサイタル 2017

ピアノ発表会 2017

23日(日)は生徒さんのピアノ発表会でした

お天気も良くてよかったですね。

皆さん、本当に努力を重ねてこられたと思います。
…ん?努力を重ねたのは私…??と内心思いつつ(笑)
結局、先生、生徒、子どもの場合は保護者の方も、みんなが揃って同じ方向を向いて初めて上達するということですね

生徒さんは発表会に向けて頑張ってきて、当日は、張り切る気持ちと緊張と入り混じった特別な日という感覚で迎えたんじゃないかなぁと思いますが、それは先生の立場でも同じこと。
前日の夜は、「いよいよ明日発表会だ!」と思って眠るのです。

ちょこちょこと色々な準備をしてきて本番を迎えていることもありますが、
発表会で精一杯の力を発揮してもらうために、叱ったり褒めたり(叱る方が多い?笑)、全力でやっているからです

そうしてレッスンする中で、音楽的成長が感じられることが一番嬉しいですね。
いつも言っていることですが、一番大切なのは「一生懸命」やること。

一生懸命に取り組んで、本番で弾いて、その後は満足感、充実感でいっぱいではないでしょうか。
それは努力した人にしか感じられないことで、それを感じられるというのが幸せなことなのです。

発表会が終わってからは私も本当に心が満たされています

小さい生徒さん、大きい生徒さん、大人の生徒さん、専門に学ぶ生徒さん
また来年の発表会目指して、一緒に頑張りましょう

誕生日&結婚記念日

先日11日は私の誕生日、同時に結婚一周年でした
友人や海外からもたくさんのメッセージも貰ってとても嬉しい1日でした

中でもびっくりしたのが、ピクル先生が「今日誕生日だったよね?おめでとう」と下さったこと
去年言ったのかしら、私。

ディナーは12月に結婚式を挙げた堺筋倶楽部でフレンチ

レストランからはスパークリングワインのプレゼント、プランナーさんもひょっこり顔を出してくれてワインのボトルをプレゼントに頂きました

記念の場所で記念日を迎えるのって素敵ですね

それにしても1年早いですね~。
色々あったのにあっという間でびっくりです。

1周年記念ディナーはしたけれど、更に夫婦で祇園祭を楽しみます(遊びすぎ笑)

さて、今秋10月29日(日)は3年ぶり、ザ・フェニックスホールでのリサイタルです
しばらくは遊びもほどほどにして、これに向けて本腰を入れなければ…と思っています。
また改めてお知らせしますので、是非皆様よろしくお願いします。



  堺筋倶楽部にて

HOME →次ページ

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。