ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ポーランド⑧ 最終日(プシェミシルから再びクラクフへ)

10月24日(土)

ホテルの朝食をゆっくりと。
バイキングなのでハムやチーズなどを取って、温かい食事としてオムレツを注文できました。

9時にアンジェイさんが迎えに来てくれて、11時20分の電車に乗るまでに2時間くらい時間があるのでプシェミシル観光に連れて行ってくれます

まずは、昨日夜景を見た丘へ行きます

景色を堪能したら今度は町へ。

P1070977_convert_20151111014643.jpg


P1070992_convert_20151111014609.jpg
カテドラルの塔。
塔に上がりましたがカテドラルには入りませんでした。


P1070993_convert_20151111014950.jpg
塔から見た街並み。外には出られないので時計越しに眺めます。


P1070998_convert_20151111015124.jpg
お城。(「撮ってあげるよ!」とすぐに撮ってくれます。)


P1080002_convert_20151111015147.jpg
お城の塔から見た街並み。


P1080004_convert_20151111015243.jpg
教会。
教会関係の方が、「ようこそ、ようこそ。」ととても喜んで出迎えてくれました。
「遠いところからよく来てくれたね!ベトナム人?」
なんでやねん!!!
でも丁寧に案内してくれて本までくれました

P1080008_convert_20151111015329.jpg
教会内部。ちょっとピンぼけ・・・。


ここで、マグダさんが合流。見送りに来てくれました
みんなで駅に向かい、スーパーでパン、ジュース、お菓子、バナナなどたくさん買って昼食に持たせてくれました。
最後の最後まで本当に親切な方たちでした

電車は1等車で、6人のコンパートメントですが、私1人でした。
電車が走りだして、アンジェイさんとマグダさんが見えなくなるまで手を振ってお別れ。

1人なので車窓を見ながらぼんやりしていました。
まだ今日大切な約束がありますが、ポーランドでのこの10日間を振り返りながら色々物思いにふけっていい時間を過ごしていた頃、同い年くらいの男性が乗ってきました。プシェミシルから3時間くらい走った時です。

「旅行者には見えないけど、旅行者なの?」と声をかけられました。

それをきっかけに、それから色々話していたのですが、延々文句(笑)
某国々、国際問題、ポーランドの政治などなど。
まぁ彼の言うことはもっともだし私も賛成できるのですが。。
そういえばポーランドの政権が変わるのですよね。時代に逆行していると評判よろしくないようで・・・。

そのまま2時間くらい話して、4」時過ぎクラクフ到着。
お互いクラクフで降りるのですが、降りる前くらいから、手伝ってあげるよとは言ってくれていました。
あんまり期待しないで一緒に降りたのですが、荷物がある上に昨日貰った大きな花束と葉っぱ束があり、持ちきれません。
私はタクシーに乗るわ~と言ったのですが、タクシー乗り場へ一緒に行って一緒にタクシーに乗りました。

彼は先生の家とは全く反対方向のようですが、まずは先生の家までタクシーを飛ばしました。
清算はどうしよう?いくら?と聞くと、「そんなの要らないよ~助けてあげるって言ったでしょ」と満面の笑み。

いい人だ~~~文句を聞いていた甲斐があったよ

ちなみに・・・普通は知らない人とタクシーに乗るなんて危険なので絶対にしてはいけないことです。
今回は、自分で運転手にポーランド語で言えること、町を把握しているので走っている場所が掴めること、教授がついているというバックがしっかりしていること・・・・というので大丈夫かなと思いました。まぁ、カンですね。
それでも「絶対安全」はないので、後から友人にも「危ないことして」と叱られました。

そんなわけで急にカッコよく見えた彼とさよならして、先生の家に無事到着。
荷物を置いて、花束を花瓶に生けて、すぐ出かけます。

どこへ行くかというと、大家さんの家。
今回はアポ取っています(笑)

5時半に着きました。
フルーツを盛って、お菓子を綺麗に並べて、テーブルセッティングをして待っていてくれました。
こういうテーブルセッティングって素敵だなぁとうっとり

それにしても、家までの道中も、家も、大家さんも、全て懐かしくて胸がいっぱいになります。
ここで私は生活していたんだ・・・。

大家さんは一軒家に住んでいて、その1階の一部分を借りて住んでいました。共同なのは洗濯機だけで、あとは全て独立しています。2部屋ある広々した快適な部屋で(しかも安い!)、自由に練習ができました。

最初はコーヒーを飲んでお菓子を食べて・・・
それから、「年代物のコニャックがあるんだけど、飲む?」
「飲む飲む!」
一応夕食前で空腹なのですが、一緒に2杯も飲みました。
確かに美味しい
こちらの方は強いお酒を飲むときもストレートだし、水も飲まないし、すごいですよね。

話題は、日本での生活や家族のことから、政治のことや難民問題と多岐に渡りました。
今日の電車も同じような話題で、しかも言っていることが2人ともほぼ同じで面白かったです。

2時間くらいいましたが、とてもいい時間を過ごせました

バスに乗ってクラクフ中心部へ戻り、友人と会いました
ビールを飲みながら(また飲む!)お喋りに花が咲き、ここでの時間もあっという間に経ってしまいました。
みんなそれぞれの道を歩んでいますが、それでも音楽での繋がりは共通なので嬉しいですね
これから変わっても、変わらないでいて欲しいなぁと思いました

先生の家に遅い時間に帰り、軽く夕食を食べ(さっきこっそり少し食べたんだけど)、この演奏旅行の成功を祝ってワインで乾杯しました (またまた飲む!)
先生もとても喜んでくれました

終わったんだなぁ・・・。
あまり準備期間がなかったので必死に準備してきましたが、ポーランドでは音楽のみにどっぷりと浸ることができ、1日1日が変化に富んだものでした。

とても満足して日本に帰れます

しばらく、さようならポーランド。
次来るのはいつでしょうか・・・その時をまた楽しみに、これからもまた音楽と向き合っていこうと思います。
スポンサーサイト

再会の不思議

あっという間に秋の空気になって、すっかりもう9月の気分でしたけれど実際は明日から9月ですね
夏はしんどいし好きではないけれど、夏が去ると寂しい気もします。

この夏も色々ありましたが・・・

10日間ほど、チェコ人の高校生がうちに泊まっていました
短期の交換留学?でやって来た彼女、もとは別のお宅にホームステイの予定だったのですが、諸々の事情でホームステイを頼まれ、少しの間うちで預かることになりました。

とても明るく音楽が大好な子で、You Tubeでクラシックのコメディを教えてもらって一緒に笑い転げました

彼女の世話を焼くのは当初予定していたホームステイ先のお宅の方がすることになっています。
その為うちにも何度か送り迎え等で来られたのですが、門の前に立っていたのは、高校の時の先生
私は先生が来ると聞いていたので懐かしくて挨拶しに出て行ったのですが、先生の方は「あれ?」という感じでした。
まぁ、忘れていらっしゃいますよね・・

しばらく立ち話して、どういう縁で再会するのかわからないものですね~と言い合って別れたのですが、再会って不思議なものですね~

ピアノの発表会でも生徒さんのご家族の方同士が、以前職場が同じだったなど、びっくりするようなことを時々聞きます。
今年も、何十年ぶりの再会で・・・ とかお聞きしてびっくりしました
長い人生の中で、思いがけずまたどこでばったり会うか本当にわからないものなのですね~
悪いことはできませんね

いつの間にか・・・

いつの間にかという感じで5月も終わって6月になりました。

4月、5月と友人に会うことも多く、食事やお酒を楽しんだり、美術館にも行きました
美術館は日本語での解説がとても役に立ちました(笑) 去年のルーブルやオルセー美術館の半分走りながらのことを思うと、ゆっくり見れるって素敵
鑑賞しながら、またパリに、今度はゆっくり美術館巡りを目的に行きたいなぁと思いました。

その間にも次に取り組むプログラムを決めたので順に取り掛かっています
弾きたい曲は山ほどあるし、プログラムとしての案も色々あるのですが、いざ決めるとなると迷ってしまいます。
確信が持てなかったり決め手がなかったり・・・
曲にしても、プログラムにしても、考えるのは楽しいけれど決定するのはなかなか大変ですね~
でも今回、色々な案が出てきたので、いずれは取り組んでいきたいです

さて、日曜日はコンサートではないですがちょこっと演奏してきました。一仕事終えたような気分になっているところで、来週仕事がお休みの期間を利用して一人旅してきます
今回はおとなしく国内3泊の旅行。行きたかった安芸の宮島目的に、それならと、山口や島根まで広げてあちこち行ってきます。
でも、外歩きがメインなのに、うっかり忘れていました。
暑いということを・・・そして、梅雨入りの時期ということも・・・・
この暑さは和らぎますよね!?できるだけ爽やかで雨になりませんように・・・

おじいちゃん

一昨日、93歳になった祖父

先月初め、胃カメラによる医療事故により、全く飲み込めない、声が出ないという症状に苦しんでいました。
母が東京へ駆けつけ、病院がミスを謝罪し賠償するということで、大学病院の嚥下専門医を紹介され、すぐ入院。
入院後、私も東京へ向かいました
元気を出してもらいたくて、クマのぬいぐるみと、9月に一緒に行った横浜の写真を現像して持って行きました。

しばらくして声は自然に出るようになりましたが、嚥下障害がなぜ起こっているのか、ありとあらゆる検査をやってみても一向に原因がわからない。全く飲めない&食べられない状態。
最初は元気をなくしていたけれど、そのうち誰がいつ来るのかを楽しみにしてメモメモ・・・(笑)「すっぽかすんじゃないよ!!」と言われた東京在住の弟は足しげく通いました
途中、肺炎になったりもしたけれど持ち直し、元々は病気じゃないので身体はかなり元気です。

原因がわからないけれども、一度この治療法を取ってみましょうということで、今月に入ってから試してみた治療がなんと功を奏し、急に普通に食べられるようになりましたなんだかあっけない治り方
先週私も1泊で東京へ行ったとき、食べられるようになったばかりでしたが、病院食を毎食、ぶーぶー文句言いながら食べていましたまずいんだって・・・そりゃあね、レストランじゃないからね。1か月半ぶりに食べられた感動はないのかしら

よかったよかった 誰もが、歳も歳だしもう元には戻らないんじゃないかと内心思っていたと思います。
得た病なら仕方ないと思えるけど、こんな形で終わりなんて悔しいと思っていましたが、元の病院の誠実な対応と、信頼できるお医者さんに出会えたことで、「命拾い」できました。


でも、やはり一人暮らしはもう限界じゃないのということで、うちで同居することになりました
大阪へ来るとテニスはできなくなりますが、たまに、月に1回か2回は東京へ通うようにするそうです生徒さんと病室で約束していました。まずは、コーチのいない忘年会は中止だから新年会に行くんだって

胃カメラさえ飲まなければ、93歳なんて中途半端な年齢じゃなくて95歳というキリのいい歳まで(笑)テニスできたかもしれないのに残念です。
それに、長年東京か横浜で祖父と会っていましたが、もうこんな風に待ち合わせて一緒に遊ぶことはないんだなぁと思うと寂しいです。

でもまた新たな生活が始まりますね
明日退院なので早朝から東京まで迎えに行ってきます

最近のこと

新年度が始まり、新しい気分になったなぁと思っている間に、4月も終わり、ゴールデンウィークも終わり、5月も半ばですね

3月始めにはアメリカ人留学生の女の子が家でホームステイを始め、賑やかになりました去年の夏に日本に来たので、会話も日本語でOK
大阪弁喋ってます(笑)「わからん。」「そうなん?」「しゃーないなぁ。」「あかん。」「ちゃうちゃう。」「あほ。」
初めて日本に来て、まず覚えるべき言葉は「しゃーないなぁ」「KY」「めんどくさい」と教えられたとか(笑)変な言葉ばっかりやん!!
なかなか物の見方も鋭くて面白いです
日本語の少ない語彙でよくそれだけ表現するなぁと感心


4月始めはポーランドから私の師、ピクル教授が来日されて、私の家にも滞在されました。
そういうわけで、家にポーランド人とアメリカ人と一緒にいるという、非常~~に珍しい状況になりました

この間は先生のリサイタルにレッスン通訳と、音楽漬けの1週間ほどでした
いつものことですが、先生のレッスンを受講される方はそれぞれの姿勢で音楽に向き合われ、それを共有できる時間があるというのはこんなに幸せなことなんだと思いながら通訳していました

私自身もいろんなことを先生と話して、プログラムについても相談し、改めて自分のピアノを見つめる貴重な時間でした先生が本当に私のことを思って下さっていること、親身にアドバイスを下さっていることに感謝です。


さて、ゴールデンウィークは、そのアメリカ人のKちゃんと一緒に、彼女が行きたかった空中庭園に出かけて、オープンしたばかりのグランフロントへ行ってきましたすごい人・・・。
Kちゃんは19歳。私も久々に若いノリ?で遊んできました
明日は母の日のプレゼントを一緒に買いに行ってきます


楽しみ

勤め先の学校の試験期間も終わり、春休みに入りました。
この時間のあるうちに、たくさん譜読みもしておかないと

さてさて、明日から両親が海外旅行に出かけるので、私はしばらく一人のパラダイス~
友人呼んでパーティーとかランチとか、いろいろ計画中です

そして、その後、なんとアメリカ人の女の子がうちにやって来ます
交換留学の高校生で、帰国するまでの3か月ほどホームステイするので楽しみです


ところで、もともとお菓子作りが好きなのですが、最近またケーキをよく作っていて、今月は新しい型などの道具をたくさん買い込みました

でもちょっと両親に嫌がられ気味・・・
また作ってるの~?と冷たい視線が感じられ、
「そんなに凝ったケーキじゃなくてもおいしいもの他にもあるよ☆」
ついに、食べながら「病気まっしぐらや~・・・」

ひどい

よし、じゃあアメリカ人の女の子にいっぱい食べてもらおうと、更に材料を注文したのでした


夏休み

毎日毎日暑くてへとへとです
お盆が明け、今週から学校も始まって普段通りになりました。
もうすぐ8月も終わりですね。

発表会後のレッスン(自宅)では子供たちの新たな面を発見したり進歩を実感したりして嬉しいです
やっぱり発表会は成長できる大きなチャンスなんだと改めて思いました
それにしても、いつも思いますが、みんな性格が個性豊かですねぇ
毎回、何かしら濃いです(笑)

お盆は姪っ子(4か月)もやって来て賑やかでした
ぷにぷにでかわいい ボンレスハムみたいな手足に、鼻より出ているほっぺた。
でも私が抱くと泣くんです・・・ 泣いてなくても口をへの字に曲げて必死に耐えています(笑)
やっぱりパパとママがいいのよね~

友人とも会ったりしてとても楽しかったですが、遠出はすることなくおとなしく過ごしていた夏休み。
のんびりして充電完了という感じで、元気いっぱいになりました

HOME →次ページ

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター