ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

06月≪ 07月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

パリ

6月18日(火)

楽しい時はあっという間で、今日が最終日。

今日最初に訪れるのは・・・ペール・ラシェーズ墓地
前回残念ながら来ることができなかった、ショパンのお墓があるのです

      P1050286_convert_20130703230834.jpg
         ショパンのお墓。


それから、ビゼーとドラクロワのお墓も

とっても広い墓地なので、たった3人見つけるのに(しかも案内図もないし)1時間かかりました。
このままいくと、お墓だけで午前中が終わってしまう!という危機に陥り、そそくさと出口へ向かったもののちょっと迷子になり、遠回りしたみたい

来た道をそのまま戻れないのです

私の方向音痴は、これはもう“病気”やな、と思っているけど、母も何の疑いもなくついてくるから、やっぱり親譲りなんですね

また地下鉄に乗って、パレ・ガルニエへ
オペラ座として建てられましたが、現在は主にバレエの公演をしています。

まるで宮殿

      P1050307_convert_20130703230903.jpg
       パレ・ガルニエ内部。

      P1050323_convert_20130703230923.jpg


そして、また地下鉄に乗って、シテ島へ!!
あの有名なノートル・ダム大聖堂がある場所です



      P1050354_convert_20130703230959.jpg
        シテ島へ橋を渡ります。左側の建物はマリー・アントワネットの独房があるコンシェルジュリー。


まずは先にパリ最古のステンドグラスで知られる教会、サント・シャペルヘ

はぁ思い出すなぁ・・・、前回来た時に、私は何を間違えたのか、堂々とサント・シャペルの横にある最高裁判所に入って行ったのです
セキュリティーチェックを受けても誰も何も言わず、私も不思議に思わず(笑)
今回のように、明らかに旅行者という格好をしていなかったからかもしれませんが・・・
歩いている人達は旅行者っぽくないし(スーツ姿ばかり)ベンチに座って地図広げて、おかしいなぁ教会ないなぁと考えた末に、警備員に尋ねると、ものすごく驚かれサント・シャペルの入口までわざわざ連れて行ってくれました~

という思い出の場所
懐かしい


ここはステンドグラスに部屋が囲まれていて、「宝石箱」とも呼ばれるくらいに美しいのですが、修復のためにステンドグラスが半分近く白い壁に覆われていました・・・あらら
でも修復が済んだらしいステンドグラスはピカピカでした

      P1050368_convert_20130703231017.jpg
        美しいステンドグラス。



見終わって出てきたところ、すぐにあったレストランでランチ
オムレツという名の卵焼きを食べました
前食べた時はもっとおいしかったけどなぁ。

ここで見たもの

横のカウンターにパンを切るためのまな板とナイフが置いてあり、ここで切ってからお客さんに出しているようです。

ウエイターがパン切りナイフを落としたが気付かない

別のウエイトレスが、知らずにそれを何度も踏んづけて蹴っ飛ばす。それでも気付かず行ってしまう。

また別のウエイターがやっと気づく。“あっ、落ちてる”と、さんざん踏まれたナイフをそのまま、まな板へポンッ

うわぁぁぁぁ そのナイフでパン切るの
パン食べんとこ・・・

非常に狭い店内、真横のおじさん2人のおしゃべりがうるさいーー
よく響く通る声で綺麗けれど、ずーーーっと耳元で喋っているもんだから、静かにしてよ~

ふーっ
とにかくパリは観光にはどこも行列、そして街中は雑踏、喧噪。
優雅というのは程遠く、のんびり落ち着くという感じはないです。というより、優雅な場所に行かないと優雅ではないのでしょうね。

さて、ノートル・ダム大聖堂へ


     P1050377_convert_20130703231033.jpg
        ノートル・ダム大聖堂。


それから、その隣の島、サン・ルイ島にあるショパンのサロンへ行きました
ポーランドの有名な詩人、アダム・ミツキェヴィチの博物館の奥にひっそりとショパンのサロンが
ショパンの遺髪、デスマスク、直筆の楽譜など置いてありました。


そこからとことこ地下鉄の駅へ戻って、一気にモンマルトルの丘へ

サクレ・クール聖堂へ向かうのですが、
と、その前に
疲れすぎたのでカフェで一休み

おお、ここは静かだ、私達しかいないーーとやっと落ち着いてコーラを飲んでいると(上品にコーヒーやお茶ではなく、栄養補給?のためコーラ)、

やって来ました!!!
遠足
修学旅行か・・・???
店内いっぱいに子供たちが座って、一斉にご飯食べ始めました!!!

うるさーーーーー
先生にごめんねって顔でにっこりされたけど、ランチでもカフェでも耳が疲れました(笑)


     P1050438_convert_20130703231049.jpg
        サクレ・クール聖堂。内部に入ったらミサが始まりました。


それから、しばらく雑貨屋さんを見たりしてうろうろ。
モンマルトルの丘まで来たんだ、と感慨深い

夕食を食べて帰りました




6月19日(水)

飛行機の時間がお昼頃なので朝はゆっくりできました。

でも空港バスを降りてから、ターミナルを延々移動する羽目になり、チェックインは1時間弱待ち、お土産をゆっくり見る暇もありませんでした~(笑) 

ついでに・・・乗り継ぎのヘルシンキでも出国スタンプ押す検査官が1人しかおらず、大混雑。搭乗時間ぎりぎりで走るという、ほんと~に、最後までバタバタでした

でも、フランスともお別れです
色々あったけれど、楽しかったです

帰ってくるとまた行きたくなりますね
次はどこに行こうかなぁ~




スポンサーサイト

フォンテーヌブロー城&ルーヴル美術館

6月17日(月)


今日はまずフォンテーヌブロー城へ
朝イチでさっと飛び込んで、見終わったらすぐ戻り、ルーヴルへ行くというプラン。

張り切って早くホテルを出たのに、駅で1日フリー切符を買おうと思ったら、買い方がわからず(この前はすぐ買えたのに!まとめて買っておけばよかった・・)、おまけに駅で迷子になり、目指していた電車より1本遅れました

途中で、日本でも滅多に経験しないほどの大嵐
もう帰ろうか~着いてもこの天気だったら帰ろうよ、と言っていたのですが、着いたらすっかり止んでいました

5,6月のヨーロッパはとても爽やかだし、日は長く、1年で1番快適と言われます。
なかなか旅行で一番いい時を狙って行くのは難しいですが、今年は運良く6月に来れたのだし、あの天高い真っ青な空を待ちわびているのですが、お天気に恵まれませんね
雨が降らなかったらOKという・・・。
結局旅行中に、私が望んでいたあの青空を目にすることはありませんでした

それにしても、これは雨女解消の厄払いに行かないとあかんかな・・・
キアナ(ホームステイしていたアメリカ人)と作ったテルテル坊主をゴミに出したからかな・・・
などと考えていました。

駅に着いてからバスでお城に向かい、入口に着いたはずなんですが、人がいっぱい!!
また行列かなぁ?と思ったのですが、入口が開いていないようです
あれ?9時半開館予定で、今10時よね

でも遠足の子達は座って待っているし、ツアーの人達もそのまま待っているし、開くのかなと思って待っていると、何のお知らせもなく10時15分に開きました
電車乗り遅れても全然問題なかったですね(笑)

      P1050081_convert_20130702003439.jpg
         フォンテーヌブロー城。

このお城はヴェルサイユとはまた別の雰囲気で木のシックな感じがしますがが、やっぱりとっても豪華です
でも“豪華絢爛”というのは見飽きますね。
なんとも贅沢なこと


      P1050103_convert_20130702003523.jpg
         

      P1050117_convert_20130702003502.jpg


      P1050173_convert_20130702003550.jpg
         庭園から見たお城。白鳥が湖に舞い降りて来て美しかった~



お昼ご飯にパンを買って帰りの電車で食べました。

次はルーヴル美術館へ



      P1050273_convert_20130702003609.jpg
          ルーブル美術館。



正面のピラミッドの入口はものすごく混んでいるらしいので、横の入口から入ります。
2匹のライオンの像が目印と書いてあったので、ここだ!と入り、ミュージアムパスを見せると
「ここ、大学だよ。美術館はあっち。」と笑われました。
へぇ、こんなところに大学があるんだ

入口は確かに並ぶこともなくすんなり入れました。

ルーヴルはとにかく広いので、見たい絵や見学順を決めておいた方がいいよ、じゃないと歩いているだけになるよ、と知り合いの方から言われていたので、だいたいは考えていました

まず、この入口から近い、モナ・リザへ

案内をたどっていくとちゃんとモナ・リザヘ着きました!!

うわっ これまた人だかり
でも来たからには見ないと

人だかりの後ろへ付いて、じりじりと前へ!!
もう、もみくちゃ
そりゃーカバンすられるわ・・・モナ・リザの前でスリに遭うというのはよくある話だそうです。
背の高い人は後ろから横から手を伸ばして写真を撮っていて、私はその肘に頭当てられつつ人に埋もれてかなり息苦しいけど、必死の思いで一番前まで来ました

あああ、でも絵は小さいし遠いし防弾ガラスに入っているし“見た”っていう証拠だけです
  
      P1050205_convert_20130702003631.jpg
        モナ・リザ!!!!!



ルーヴルを堪能しようと思ったら、パリに住むとか、そうでなくても長期滞在とかでないと難しいですね。
旅行の中では時間が限られているので、“見なかった絵がある”ではなくて、“見た絵がある”というレベルです。それでも、見たかった絵は見たので、一応満足です

      P1050234_convert_20130702003648.jpg
    発見!!  ドラクロワ / ショパンの肖像画



      P1050241_convert_20130702003706.jpg
        ヴァトー / シテール島への巡礼
        この絵からインスピレーションを得てドビュッシーが「喜びの島」を作曲したといわれています。留学中と、去年と、コンサートで演奏した曲です。もっと早く見れたらよかったなぁ



ルーヴルの後、パレ・ガルニエ近くのレストランで夕食。
今日はちょっとおいしいワインとお食事を・・・
前菜はラビオリ、メインは鴨のステーキ、赤ワイン、デザートはクレーム・ブリュレ
ほとんど前菜でお腹いっぱいになってしまったけど、おいしかったな~
フランスで唯一心に残る食事(笑)

ヴェルサイユ宮殿&オルセー美術館

6月16日(日)

今日は豪華絢爛のヴェルサイユ宮殿へ

朝早く出かけ、着いたのは9時ちょっと過ぎ。

うわぁぁぁ、すでに大行列が

私が6年前に訪れた時は、5月の25日くらいだったかなぁ、今回と時期はそう大差ないので、その感じを想像していました。
その時は全然混んでいなかったし、内部もガイドを聞いて、その後ゆっくり眺めて、とってもゆったりと楽しめたのですが、今回はこの込み具合・・・

     P1040882_convert_20130630232230.jpg
    人いっぱいで正面の綺麗な写真は撮れませんでした・・・。写真左の入口目指してみんな並んでいます。


ぐねぐね曲がっている列の最後をやっと見つけて、並びました。
駅に着いた時からずっとついて来ている中国人4人組と話したりしながら暇つぶし。
彼らは急遽思い立って仕事の合間に来ているので何も調べていないらしく、駅からしばらく歩いたところで「ヴェルサイユに行くの?」と尋ねてきて、それからずっと私達の後をくっついているのです(笑)

さて、待つこと40分

ふぅ、やっと入れた!!


     P1040887_convert_20130630232324.jpg



日本語オーディオガイドを借りて、見学開始

・・・・人混み混み
左手でガイド聞きながら右手で写真撮って、ぐるぐる必死に眺めまわして、人の波に押し出されるように はい、次・・・

広い部屋だと少しゆっくり眺められます
写真はちょっと難しく何を撮っているのかわからなくなるので、この際目に焼き付けておきます
やはり豪華ですね~~

    
鏡の回廊
      P1040955_convert_20130630232344.jpg


前回、なんと修復中で梯子も多かったし残念だったのが、今回は全部見れてよかったです ここが楽しみだった

この写真の時は少しすいていたのですが、くるっと振り返って人の波が押し寄せる様子を見た時は、軽く恐怖を覚えました
早く脱出せねば


前回は見なかった部分も見たし、宮殿を堪能できました

思ったよりも色々と時間がかかっていて(トイレも30分待ちの行列・・)、庭園は残念だけど諦めました。

今日は日曜日だからか噴水のお祭りをするとかで、庭園は私達が持っているミュージアムパスでは入れず別料金と言われたからです。別料金は構わないのですが、チケット売り場までとことこ歩いて、並んで買って、また戻ってくるのがめんどくさくなりました
トリアノンや農園も母に見せてあげたかったのですが、このまま1日ヴェルサイユにいるよりオルセー美術館に行こうかと

本当はここからシャルトルという町に行って大聖堂を見たかったのですが、昨日あんなことになりオルセー美術館を見損ねたので、ひとまずオルセーです

と、その前にお腹がすいたので、レストランへ
だいぶ遅い昼食。


     P1050044_convert_20130630232411.jpg
      奥にあるのが宮殿。


さて、オルセーは昨日下見をしておいたお蔭で(笑)、今日はどこから回ろうかわかっていました
それでも少し駆け足気味だったけど、だいたいは見れたのでよかったです


     P1050052_convert_20130630232441.jpg
        オルセー美術館。


     P1050057_convert_20130630232459.jpg
        セーヌ川の眺め。





モン・サン・ミシェルのトラブル

6月15日(土)

今日もバスに1時間少し乗ってレンヌという駅まで行き、電車に乗り換えてパリに戻ります。

バスの時間が9時20分なので、朝食をささっと済ませ、散歩に出ました

あーーなんて気持ちのいい清々しい空気
身も心も洗われます

少し歩くとダムに出るのですがそこから朝のモン・サン・ミシェルを眺めました
素敵ねーー


    P1040805_convert_20130627231320.jpg


ところで、バス乗り場なのですが、来た時に降りたバス発着所まで行かなくても、ホテル目の前のバス停にもちゃんとバスが停まるよとホテルの人は言っていました。ほんと~?とちょっと疑わしかったので、昨夜バス発着所まで行って係員に聞いたのですが英語が通じず、インフォメーションセンターはすでに閉まっていたので、今朝別のフロントの人にも確かめると、レンヌ行のバスはホテル前のバス停からもちゃんと出るよ、と身振りも交えて明確に言い切りました。
そこまで言うならそうなんだ。
と、信じたのがいけなかった・・・

待てども待てどもバスは来ませんでした・・・・
そういえば、この道にそんな大型バスが走ってるの見たことないやん・・・

バス発着所までシャトルバスで行って、やっとのことで英語のできる人を見つけ尋ねると、「ええ!?バスはここからしか出ないよ。なんでホテルの人はそんなこと言ったの。。。もう次のバスは11時20分しかないよ。」

ちょっとちょっとちょっと

とりあえず、ホテルへGo

ねぇねぇ!あんなに確認したのに間違ってるじゃないの。バス来なかったよ!

「そんなはずはない。バスはいつもあのバス停から出てる!」
「じゃあインフォメーションで確認してみてよ!出ないって言ってるよ。」
「バスはいつもあそこから出る。あなたとこれ以上話す気はない。私たちは間違っていない。終わり!!」

態度悪っ。

カッチーン

じゃあおあなたがバス来るまでずっとそこに立っとけーーー

ひとしきり怒ったものの、ともかく、実際間違いを認めるとか謝ってくれるかどうかなんてどうでもいいのです。海外ではそんなこと求められませんし。自分が何をどうしてほしいのかが一番大切。
今回ホテルに戻ってきた目的は、駅の窓口に電話して電車のチケットを変更してもらうこと。

日本ですでに予約済みの電車に乗り損ねたわけですから、その後の電車に乗れるように変更してもらわないと、買い直しになってしまいます。ネットが使えないので方法は電話のみ・・・のはず。

そこはフロントのおばさん、素直に電話番号調べて電話し始めました。

結局チケットは変更できなかったようで、まずはポントーソンという駅までバスで出てからチケットを変更してもらい、パリへ戻るようにとの説明でした。レンヌ行のバスに乗ると変更が間に合わないとのことなのでしょう。

「なぜ今日本当に不運にもあなた達がこうなったのかわからないけれど、とにかく無事にパリに戻れることを祈っておくわ。」

ふん、誰のせいやねん!と言いたいのを我慢して、「ありがと

でも、ポントーソンという駅は私は知りません。そんな知らない駅に出て、しかもド田舎だったらちゃんとパリ行の電車あるの・・・??と不安はありましたが、とにかくポントーソン行のバスの停留所を書いてくれたメモを持ち、そのバス停で待ちました。心配だったからそのバス停の係員にも確かめて待っていました。

けれど、バスは来なかったのです・・・・・・
向こうの道路を走っていくのが見えました

ここの人達どうなってるの

結局11時20分のバスでレンヌで向かうことにしました
余計なホテルのアドバイスをまたしても聞いてしまったために更なる時間の無駄。
バス停にただ立ってただけで午前中が終わってしまいました。悲しい

バスは11:20発、12:40レンヌ着、次のパリ行の電車は14時らしいです。(例のホテルで聞いていたけれど、ここのバス停の案内板にも書いてあります。)
11:20のバスには無事乗れて(当たり前です、周りから見たら「あの人たちアホじゃないか」と思われそうなくらい、ひたすら立って待ってたのだから。)12:40頃レンヌ着。あと1時間以上時間あるわ~と思ってふと掲示板見たら、13時のパリ行電車があるではないか

自分の国のことなのに本当に何も役に立たない人達ね

急いで窓口に行って、変更してほしいと言うと「時間的に遅すぎるから買い直すしかない」と言われました。
あ~あ仕方ない、出費は痛いけど。。
でも「じゃあ、電話ではチケット変更は受け付けてないってことだったの?」と尋ねると、何らかの事情を察したのか 
「今日は何かあったの

おおお やっと人の話を聞いてくれる人に巡り合えたよ

経緯を説明すると、少し待たされ、「そういう事情なら電車のチケット無料で交換します。検札が来ても困らないようにメモにも書いておくからそれを見せてね。」
バスを乗り損ねたことを書いてくれました。

彼が神様に見えるーー

そんなこんなで無事13時発の電車でパリに帰れました

ホテルまで行ってチェックインを済ませて、パリ市内へ

オルセー美術館を少しでも入ろうよということで入りましたが、結局30分しか時間ありませんでした
30分なんてただうろうろ歩いただけです(笑)今日は仕方ない、また明日来よう

チュイルリー庭園を歩いて、コンコルド広場へ行ったり、マドレーヌ教会へ行ったり、その辺りを散策した後、すでに19時。もう時間は遅いけど、今日1日もったいない気がして欲張って、凱旋門へ行きました

さすがにくたくた。

夕飯はサンドイッチを買って帰ってホテルで食べました。疲れすぎて食べる元気もないや・・・。

まぁ、色々あったけど、旅にトラブルは付き物だし、後から振り返るとトラブルが話題豊富で面白かったりもするのです


ちなみに、このホテルの部屋は、ベッドの足元側にドアとテーブル、枕元側にクローゼットがあるのですが、ジャケットをかけにクローゼットへ行くと、あれ?坂を上った感じがする・・・
もう一度歩いてみても、やっぱり坂を上がってる

部屋がちょっと傾いてるどころか斜めです
スーツケースがころころと転がっていきました。

ベッドに横になったら何にも気になりませんでしたが(笑)
ではおやすみ



モン・サン・ミシェル

6月14日(金)

パリから1泊でモン・サン・ミシェルへ

今日は電車は無事で、途中のレンヌという駅でバスに乗り換えです。
途中石造りの素敵な町を通ってるなぁと思っていると、到着しました。

ホテルに荷物を置いて、シャトルバスでさぁ出発!!

モン・サン・ミシェルは、かつての景観を取り戻す工事をやっていて、工事車両や工事途中の道路など、ごちゃごちゃしていて今の景観はあまりよくありませんでした。ちょっとがっかり・・・
でも来年の完成を目指しているらしいので、これから行かれる方は素晴らしい景観を見れるんだと思います

     P1040561_convert_20130622232751.jpg


さて、島内の入口のカフェでレモンタルトを食べました。おいしかった~~
ちなみにここで超有名なオムレツは味もお値段もひどいという話だったので、無視。

お土産屋さんが並ぶ小道を通り抜けて、いざ修道院へ。

     P1040572_convert_20130622232811.jpg



それにしても、ここは日本人だらけですね。観光客の6割が日本人らしいという話も聞きました。


     P1040600_convert_20130622232945.jpg
       修道院の塔


     P1040629_convert_20130622233015.jpg
        回廊と中庭


     P1040650_convert_20130622233039.jpg
        偶然人がいない瞬間があった回廊

 
     P1040698_convert_20130622233103.jpg
       修道院内部。「騎士の間」というそうです。       

修道院から出てくると、城壁をぐるりと1周歩きました。

     P1040603_convert_20130622232915.jpg
        城壁からの眺め。


歩き終わると、修道院入口に上がる階段下に戻ってきたのですが、そこで貼り紙発見

「今日は、ストライキのため、開館は9時半、閉館は17時です」    (※通常は9時から19時)

えええーーー
モン・サン・ミシェルもストライキ

それで入館料タダだったのかな。。。なぜ今日は無料なのだろうと思っていたのです。

今から来る人達はどうするのだろうと、しばらく石段に座って観察
貼り紙の前で絶句して引き返す人、とりあえず入口まで階段を上がっていく人、機転を利かせて出口から入っていく人・・・おぉ名案
入口まで階段上がって行った人は下りてこなかったから、うまく入れたんでしょうか?

さて、今日の1泊はこの地でゆっくりと夜景を楽しむためでもあります
が!!!!!
そうでした

夜が来ない

“モン・サン・ミシェルを眺めながらご飯を食べて、夜景を撮ってさぁ、せっかく行くんやから絶対1泊した方がいいよ”と強くお勧めされ、ふむふむと楽しみにしていたけれど、この人が行ったの3月でした

ポーランドでは21時半くらいが暗くなる頃だったので、だいたいそんな風に思ってしまっていたのですが、モン・サン・ミシェルはパリの更に西。もっともっと暗くなるのは遅いんです

でも、三脚まで持ってきたのだから意地でも絶対夜景を撮るんだ

夕食を食べて時間を潰して~~待ちきれなくてシャトルバスでまた修道院傍まで行きますが、まだまだ明るい

22時頃暗くなり始め、22時20分頃だったかな、うっすらと修道院に明かりが・・・でもまだ明るい。
強風でものすごく寒いけど、我慢我慢

早くーー早くーー夜よ来い


     P1040770_convert_20130622233129.jpg
       23時。夜景の写真にはまだうっすらと明るい。


強風で吹き飛ばされそうになり、寒さに耐えに耐えて必死で撮った写真

     P1040788_convert_20130622233149.jpg
       23時半。

もう限界。寒さで口もきけなくなってホテルへ帰りました。

ロワール古城巡り

6月12日(水)

フランスへ出発
今回は母という大きなお荷物と一緒です

フィンランド航空で行ったのでヘルシンキで乗り換え。
そこで案内の方に言われました。
「フランスの管制官がストライキをやっているので、飛行機の到着が遅れるかもしれません。」

結局飛行機は定刻通り着陸しましたが、管制官ってストライキするんだ・・・



6月13日(木)

今日はロワール地方で古城巡り
4つのお城を訪ねます

だけど、悪条件が揃いました。

①強風(寒い)
②土砂降りの雨
③電車ストライキ

周りの風景とともにお城の綺麗な写真をたくさん撮りたかったのに
あちこち旅をしてきたけど、ストライキは初めてのことです。

パリから古城巡りの出発地となるトゥールという町へ行くのですが、インフォメーションセンターで確認すると、ストライキのため乗る予定の電車は運休
しかも、乗換もうまくいかないかもしれないから、ひとつ手前の駅からタクシー飛ばしてくださいと言われました。

えーーーちゃんと切符買っておいたのに。
予約とは違う電車に乗ることになるわけですから、座席指定も無効です。。。

とりあえずラッキーなことに予定よりも少し早めの電車があったので、それに乗ることに。一応車内でも他の乗客の方に切符を見せて、間違っていないか確認すると、周りの人たちも駅員さんに尋ねてくれたり皆で色々教えてくれて親切でした乗換駅に着くと周りの人全員が 「この駅だよ
降りたらすぐおじさんがやって来て「トゥールまで行くの?」と、また次の電車のことなど、わざわざ電光掲示板の前まで連れて行って説明してくれましたどうやらトゥール行の電車にうまく乗り換えられそうです!
ぼーっと突っ立って待っていると、また別の人が「どこまで行くの?」と世話を焼いてくれました

ストライキだけど、親切な人達で温かい気持ちになりました

なんとか無事にトゥール着。

ここからの移動はミニバス。



クロ・リュセ城

    P1040323_convert_20130622004805.jpg
      レオナルド・ダ・ヴィンチが住んだお城。発明品の数々も模型で置いてありました。



アンボワーズ城

    P1040367_convert_20130622004851.jpg
     傘が折れそうなほどの強風と大雨の中、必死にカメラを構えて撮った1枚
     カメラを構えている後ろの教会には、レオナルド・ダ・ヴィンチのお墓があります。


    P1040359_convert_20130622004937.jpg
    お城からの素敵な眺め。本当にのどかで綺麗なところでした
    お天気がよかったらなぁ・・・・・・・



ここでひとまずランチ
ランチメニューで、2皿選べるのでメインとデザートにしました!
メインは牛肉のステーキ。まるでゴムのようなお肉でした

デザートはチーズのなんとかっていうのを頼んでおいて、きっとチーズを使ったデザートだろうと期待して待っていると、

じゃーん

     P1040374_convert_20130622004913.jpg


本当のチーズが出てきました

いらないよーー

フランスではチーズがデザートに含まれると後で知りました・・・



シャンボール城

      P1040378_convert_20130622012229.jpg
      水辺に映るお城を正面から撮りたかったけど、相変わらずの大雨で断念。
      城内も素敵で、屋上に出ることもできました!



     P1040392_convert_20130622005021.jpg
      広大な庭



シュノンソー城

     P1040459_convert_20130622005048.jpg
     ここで雨が止んだ瞬間があり、少しほっとできました


パリへの帰りの電車は、この町に着いた時に確認しておいたので、大丈夫でした!
明日はモン・サン・ミシェルへ行ってきます!

HOME

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター