ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

Schumannkreisと私―リサイタル終わりました。

10月29日(日)、リサイタルが終わりました。
ご来聴くださった皆さま、本当にありがとうございました。

なんと、まさかの台風もご来聴
前日から気分はどんよりしていましたが、当日はとてもたくさんの方が来てくださって、こんな中でも足を運んで下さった方々に感謝の気持ちが込み上げました。
コンサートが終わる頃には雨も止み、薄日が差していました!

当日は朝から夫がそわそわそわそわ、開演前には「うわ~緊張する!」「緊張してきた!!」「いよいよ緊張してきた!!!」

弾くの私なんだけど・・・。

その2週間ほど前、夫は人生初ぎっくり腰になり、あ~迷惑。連れて行った整骨院では「この忙しい時にご主人の介護も増えて大変ですね~」と言われました。ほんとほんと。でも、当日は夫も腰も元気になり、本番中は夫が一番拍手を送っていたと色々な方から聞きました。
両親も含め家族の応援は何より大きなものですが、今回は夫婦で取り組んだリサイタルだったような気がしています。

さて、今回は初めて前半と後半とドレスを着替えてみました。効果あったのかしら??
前半はずっと同じメロディーが流れ、後半のシューマンのソナタに向かってだんだん高ぶっていく構成でした。
ロベルト、クララ、ブラームス。3人の織り成す濃い関係が、それぞれの曲に詰まっているのだと、プログラムノートを書きながら改めて感じていました。それと同時にブラームスってちょっと不憫だなぁと思ったり。。。

アンコールでもSchumannkreis。ブラームス/ワルツ、クララ/マズルカ、シューマン/トロイメライ。
トロイメライはいつもリクエストがあるのでよくアンコールに使っていますが、今回はちょうどぴったり!!

終わってしまえばあっという間の本番です。
その時までに過ごした時間を振り返りつつ、色々と自分の演奏に思うところもありますが、これからも音楽の幅を広げられるよう積み重ねていこうと思います。
次はどんなプログラムにしようかじっくり練っていきます。

どうぞこれからもよろしくお願い致します。
ありがとうございました

北中綾子
スポンサーサイト

久保惣美術館でのリサイタル 2017

日曜日に、和泉市久保惣記念美術館でのリサイタルが終わりました
たくさんの方々にご来聴頂き、ありがとうございました
お心遣いもたくさん頂いて嬉しい限りです

いつもは母とホールへ向かうのですが、今回は初めて夫と向かいました。(見習い期間なしのマネージャー昇格。)
お弁当も作ってもらい(食べきれず残しました)、リハーサルから立ち会ってもらい、夫婦で臨んだリサイタルという感じでした。

本番が終わるのはあっという間です。もう1回弾きたいな、と思うくらい。

帰宅してから色々とと振り返りつつ、嬉しい気持ち、感謝の気持ちでいっぱいになります

今年は10月29日(日)に、ザ・フェニックスホールでの4回目のリサイタルを予定しています
今回のプログラムを広げて組み立てようと考えています。
もっと音も表現も色々と豊かになるように、これからも更に勉強を重ねていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします


さて、火曜日には夫の同僚の方々を自宅にお招きしてディナーでした
リサイタル翌日から早速準備に取り掛かりました!

かぶと生ハムのサラダ、パプリカのマリネ、アボカドとエビのキッシュ、豚肉のプルーン煮込み。
ケーキは、フランボワーズとホワイトチョコのケーキにしました。

スパークリングワインに始まり、赤ワインは2本開け、おしゃべりに花が咲いて本当に楽しい時間でした

ケーキはしばらく作っていなかったので少し感覚が鈍っていたように思います。
またこれから時間を見つけてはこまめに作ろう!!
さっきはピアノに対して決意表明したばかりですが、ケーキも頑張る決意表明です

IMG_3576_convert_20170309232925.jpg

ピクル先生をお迎えして

ピクル先生がポーランドへ無事に帰国されてから少し経ちました。
今回はあまり時間がなく紅葉を紹介できなかったのが心残り。
それから私は色々と準備するべきことがあったり、お出かけしたり、そして今は体調崩しています(笑)

さて、先生の来日当日、関空までお迎えに行きました。
「あやこ~、次会う時は結婚してるとは思わなかったよ~!」

先生から、結婚祝いにとても素敵なお皿を頂きました
とても大きいガラス製で、ポーランドのアーティストの作品だそうです。「クラクフでそのお皿ブランドを知って、クロスノへ買いに行ったのに買えず、結局ブロツァンカで買ったよ」、と。そんなにあちこち街を回って先生は買って下さったのですね。
40cmのとても大きなお皿で、今は玄関に飾っています


ayako_kairi_convert_20161128223549.jpg  
   このお皿です!先生と夫と。




奥さまのマリアさんからは、ポーランドブランドのケーキサーバーを頂きました
私がケーキを作るのをちゃんと知って下さっているんですね。とてもスタイリッシュなケーキサーバー。

どちらもずっと大切に使います

夕食で初めて夫を紹介。(実家で両親ともに4人の夕食です。)
スペインのカヴァで乾杯して、それから赤ワインを2本開けました。飲み過ぎー
でもそれからもちろん、恒例のウォッカ。ポーランドのソーセージをおつまみに。

先生、上機嫌
夫を紹介した時は「ぼくは(綾子の)ポーランドのお父さんなんだからね!!」と意味ありげに仰っていましたが(プレッシャーを与えてる??)、夕食で打ち解け、夫に「ぼくはあなたを受け入れるよ、マリアも受け入れるって。きっと息子たちも受け入れると思う!!」
もう、実の親よりも「お父さん」ですピクル家がこれほど重要だったとは・・・先生にちゃんと気に入ってもらえてよかったです。まぁ今更NGでも困るんですけどね(笑)

2日目の夕食ではスペイン人の友人から電話。昨年先生と一緒に来日して旅行した彼です。その後も何かある度にメッセージのやり取りをしていましたが、改めて結婚のお祝いと挨拶を・・・彼が仕事を抜けた少しの合間しか話せなかったですが嬉しかったです

みんなでワイワイ、とっても楽しい時間でした

さてさて、音楽にことついて。
週末は私の実家にて先生のレッスンが行われました
色々な受講生の方がいらっしゃって、私は通訳をしたりしなかったり・・・。
どちらにしても、私にとっても、先生のレッスンを間近で聴くことができ、ヨーロッパでの感覚を思い出すことができるとても貴重な時間です。本当にたくさん勉強させてもらいました。

これからもピアノ&音楽に向き合って勉強を重ねていきたいと思います

アンジェイ・ピクル先生プライベートレッスンご案内

11月に来日される私の師匠アンジェイ・ピクル先生(ポーランド国立クラクフ音楽大学教授)レッスンのご案内です。
是非この機会に受講してみられませんか

日程 / 11月11(金)~13日(日)
場所 / 北中宅 (南海高野線「金剛駅」)
(日時はこの期間内でご相談させて頂きます。)

とても情感豊かなイメージ溢れるレッスンです。いわゆる“ダメ出し”ではなく、音楽の捉え方、イメージの持ち方、響きの作り方などが中心となったようなレッスンです。

また、レッスンは1時間ですが、大曲を弾かれるなどご希望の方は時間延長(30分単位)も可能です。

ご希望の方やお問い合わせは直接メッセージをお願いします。受講料、通訳料など詳細お知らせします。
ちなみに先生はポーランド語、ドイツ語、英語、フランス語を話されます(ロシア語も?)。時々面白い日本語も

食欲の秋、芸術の秋・・・今月はあちこちリサイタルにも伺ったりして、音楽を堪能しています
私も頑張らなければ・・!!

ピアノデュオコンサート

昨日連弾コンサートを終えました
ご来場下さった皆様ありがとうございました

普段ソロ活動の多い私にとって、今回はセコンドで伴奏部分を担うことで勉強になったところもあり、とても面白かったです
また、2人で音楽を作るということは、1人で全てを背負い込まなくていいわけで、その点でソロとは全く違うところですね。本番中譜面も立てておくこともあり、緊張感なども全然違います。

いつもは1人での闘いですが、そういった意味で今回は楽しめましたそれぞれの個性が重なるところがアンサンブルの楽しさ。
また機会があればやってみたいです

さて、また今日からソロに戻って、新曲に取り組んでいきます。
また今後もよろしくお願いします

ピクル先生ご夫妻とともに

先日のリサイタルが終わってから、友人と食事をしたりお花見に出かけたりと春休みを楽しんでいます

そして先月末から今月にかけてポーランドからピクル教授が来日されました

毎回そうですが、今回も響きの作り方、表現の変化、歌い方、様々なことが詰まった熱いレッスンが朝から晩まで行われました。
その他にも私の家で受講される方が来られたので、3日間に渡り通訳で付き添いました。
通訳しながら先生の音楽に対する厳しい姿勢をひしひしと感じ、先生の指導法も傍で見ていられるので、私自身もとても勉強させてもらっています

今回は初めて奥様も同行されました。桜のいい時期ですね~!
私は留学中に奥様のマリアにも大変お世話になっています。(昨秋の演奏旅行時ももちろんお世話になりました。)
何かあれば相談し、段取りを整えてくれたり対応してくれたので、マリアなくして生活できなかったと思います。マリアにも心から感謝しているのです。そのマリアがうちに来てくれるのでとても張り切って夕食も準備しました
豚バラ肉をワインとトマトでコトコト煮込んで、チョコ生地&アールグレイ生地のバターケーキも焼きました

夕食はビールで乾杯後、とっておきのワイン、そして恒例のウォッカ

今回先生が持って来て下さったのはオギンスキのウォッカ。オギンスキもポーランドの作曲家で、ポロネーズなどピアノ曲が知られています。
これでウォッカはショパン、パデレフスキ、オギンスキが揃ったので、あとはシマノフスキがあれば完璧なのですが(笑)
「探しとくよ。」と先生。

ちょうど10年前です、私がポーランドへ留学したのは。
もうそんなに時間が経ったんだね信じられないねと言い合いながら、この10年間という時間に皆で乾杯しました
こうして今でも先生と乾杯できる・・・とても恵まれた環境だと思います。
私の音楽家としての原点を築いてくれたポーランドでの時間。10年前の今頃は住む家も見つかって徐々に生活環境も整い、学校でも馴染み始めた頃でした。その時に感じていたことなどが、ふつふつと思いだされます。
音楽面だけでなく異国での生活面も先生ご夫妻には支えて頂きました。
その時の思い出話から音楽の話、楽しいことも色々と話題は尽きませんでした

それから先生のショパン/ポロネーズ全曲を収録したCDがついに完成しました
待っていたんですよね~これからじっくり聴いていこうと思います。

さて、まずは来月の連弾でのコンサートの準備にかかりますが、新しいプログラムも決めたのでまた新たな気持ちでピアノと向き合っていこうと思います

久保惣美術館でのリサイタル

久保惣記念美術館でのリサイタルを終えました
ご来聴下さった皆様ありがとうございました
またたくさんのお心遣いも本当に嬉しいです

「夜」のテーマなんだから当然ドレスは紺色か!?とは思ったのですが、春の雰囲気を取ってピンクで出ました
開演し、さっとカッコよく歩いて登場!と思っているのに、早速裾を踏んでズルッと滑りました。
照れ笑いのお陰で、最初から珍しく笑顔のお辞儀・・・だったはず。
どうしても裾が長いのでね・・・

それにしても、このホールはとても素敵で響きもいいのだから、もっといいピアノを置けばもっとホールが活きるのにといつも思います。

アンコールにはぜひ「トロイメライ」を!というお声にこたえて、2曲目に弾きました
これまでにも何度もアンコールで弾いてきましたが、これからもトロイメライはもう外せないですね

家に帰ってきて自分の演奏を色々と振り返りつつ、頂いたお花を生けて、プレゼントを飾り、お菓子を眺めて、お手紙を読んで・・・終わったなぁと実感が湧いてくる時です。
それと共に来て下さった方々に感謝の気持ちでいっぱいになります。

これからまた新しいプログラムに取り組んでいこうと思います。
次はどんなプログラムを組みたてようかなぁと考え中。
今後ともどうぞよろしくお願いします

HOME →次ページ

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター