ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

帰国

帰国しました

やっぱり疲れました~
飛行機であまり眠れなかったし・・・。

今日はもう生徒がレッスンにやって来て、すぐに元の日常です。
明日も朝から学校があるし、日本に戻ってくるといつも時差ぼけが辛いのですが、時差ぼけ解消にはちょうどいいのかもしれません

さて、ポーランドで心は音楽的なものに満たされてきたような気がするし、また気持ちを新たに、頑張ります
スポンサーサイト

ポーランド最後の日

今日も朝から雨。しかも風も強く、その為か昨日より更に寒いです

それでも意地で、午前中はヴァヴェル城まで歩いて上がりました。とても楽しめる状態ではなかったのですが、それでもぼんやり景色を眺めていろいろ思っていました。

午後は、かつて住んでいた家の辺りへ行ってみようと思っていたのですが、寒さに耐えられなくなって断念。残念です。
アパートに戻り、休憩。強風にかなり体力も消耗します。

買い物も全部してしまったし、散歩ができないとなると本当にすることがありません・・・
どうしようっかなぁと思って、中央広場に面するマリア大聖堂に入りました。
そうだそうだ、ここがあった!

さて、教授の家に夕食に呼ばれた・・・と思っていたら、お茶とケーキでした
夕飯時に甘いケーキを食べて、少し気持ち悪い
けれど、食べたかったポーランドのケーキを2つも食べて大満足
先生一家と食卓を囲んだいいひと時でした

それから外へ出ると、雨は上がっていました。もう遅いよ
風は冷たいけれど、せっかく雨が上がったしもう一度中央広場へ。

ここに来たときは、「当たり前」のように感じました。だけど、それがもう明日から「当たり前」ではなくなるんです。
そう感じた途端、とても寂しくて、寒いのにしばらく広場に佇んでいました。
本当に、次に来れるのはいつだろう・・・。

今も寒いけれど、初めてこの地を踏んだ時は経験したこともない真冬でした。
思えば、私のこれまでの人生で一番の決断はポーランドへ来たことです。
留学先の国を、それもたった数日ほどで、変えました。友人も、家族も、あまりの驚きで絶句する中、大慌てで準備してクラクフへやって来ました。ものすごい勇気だね、と教授夫妻もびっくりでした
そこから始まって、今につながります。

こんなに寂しいのは、かつても今も全て含めて、ポーランドで素敵で輝かしい時間を持てたからでしょうね
私の音楽の原点はここにあると思います。

ここで得て培ったものをまた改めて思い出した気がするので、それを忘れることなく、また日本で頑張らなければいけませんね

さて、今から荷作りします



雨&買い物

あ~ 予報通り、今日は冬の寒さに1日どしゃぶりの雨でした
気分も雨です

散歩してあちこちゆっくり歩いて、物思いにふけりながら、建物を見上げ空を見上げ、ベンチに座ってぼんやり眺めて、ここの空気を存分に味わいたいのに、あまりに悲しすぎます

それでも、朝から出かけて、友人に電話してランチを一緒に食べていろいろ話しました
その後、アパートで過ごすのもものすごくもったいないので、とりあえず町をうろちょろしますが・・・
こうなったらできることは買い物しかない

というわけで、もう一度楽譜ショップへ。といっても、ほとんどこの前買ったのであまり用事はありません
それから、そういえば持っていなかったと気付き、ボレスワヴィエツというポーランド名産の陶器を買いました。だいぶ迷いましたが、小さめの器2つとコーヒーカップ。
そして、まだ帰るには早いなぁと思って、琥珀を見てうろうろ。完全帰国前に買っているので、特別に欲しいというわけではなかったのですが、やることが他にありませんから、お店で見てると欲しくなります
というわけで、買ってしまいました
その後、お気に入りの紅茶をたくさん買ってから、帰りました。

あ~あ、明日はせめて曇りでいいから、雨降らないでほしいなぁ。
明日は最後の1日。夕食は教授に呼ばれています。

この前来たような、ずっといたような(まだ住んでいるような)妙な感覚ですが、次に来れるのはいつだろう・・・。

カトヴィツェでのリサイタル

今日は朝から曇っていましたが、雨に変わりました

軽く早めの昼食を食べてから、カトヴィツェに行きました。
電車で2時間弱。
カトヴィツェに着いたら、駅のホームでマネージメントの方が待っていて下さると聞いていたのですが、それらしい人は見当たらず。直接事務所へ行くのかなと思って(留学していた時はいつもそうしていたので。)うろうろして駅から出ようとした時、後ろから「北中さんですか?」と・・・あ、いつもの方だ!「ホームに誰もいなかったから」と言うと、「そうなの。走ってきたんだけど遅刻だったわ!」
うわ~~~今までで遅刻されたの初めてだって、普通は不安になるじゃないですか。

とにかく、そのままタクシーに乗り、何回か演奏しているいつものホールへ行くのかと思ったら、違うホールでした

温かい紅茶を飲んでから、リハーサル。
演奏会は17時開演。
今日もほぼ満席のお客さんでした

これで、ポーランドでのリサイタルは全て終了です

思えば、1日1日をこんなに大切にして、常に”今日の目的”があって調整と準備をしてきたことって、今までになかったことだと思います。
体調面、精神面両方のコンディションを整え、それぞれの本番に向けていかに高めるか・・・
練習時間も思う存分好きなだけあるわけではないので、その中でのプログラム準備をいかにするか・・・それぞれにプログラムが少し違ったので、1回ずつしか弾かないラヴェルとザレンプスキの配分の仕方
などなど、いろいろと考えながらこなしました。

けれど、次から次へと演奏会が迫るので、疲れている暇もなかったです。

ようやく、少しほっとしました

留学していた時もふと思うことがあったのですが、演奏するというのは孤独ですねぇ。
あちこち場所を変え、移動はひとり、泊まる時もひとり、ひとりで準備し演奏し、ひとりで勝手に何か思って、帰路につく。

さてさて、明日と明後日は、のんびりした気持ちで過ごす貴重なお休みの2日間。朝から張り切って動き回るつもりなので、気力はちっとも落ちません
あいにくの雨&寒い予報ですが、少しでも外れることを願って・・・それでもクラクフを満喫します

楽譜

9月25日(土)

最近とてもいいお天気だし暖かいです。ちょっと暑いくらいです。

いよいよ明日のカトヴェツェが最後の演奏会

その後2日間はフリーなので、楽しみにしているのですが、なんと天気予報は雨。しかも、気温10~11度予想というとんでもないことになっています

昨日は楽譜を買い込みました
ショパンのエキエル版やシマノフスキの持っていないものはだいたいは手に入りました。あんまり品揃えがよくないので、他の目当てのものはほとんどなかったのですが、それでもポーランドの作曲家の作品(たとえその作曲家知らなくても)、それから生徒のレッスンで参考になりそうなものなど、とりあえず片っ端から買ってきました
アパートに帰ってよく見てみると・・・・ぜっっったいに今後楽譜を広げることはなさそうな、わけのわからない現代曲まで混じっていて、しかもこういうのって高いんですよね・・・

さて、今日で練習は最後です!!


幸せ

9月23日(木)

昨日は11時に就寝、朝は7時半起床、ということで、ポーランドに来てから一番ぐっすり寝ました
体力&疲れも回復です!

帰りはバス停まで送ってくれて、何度も挨拶して、バスから手を振りました
本当に親切にしてもらえると嬉しいですね

バスでは音楽を聴きながらぼんやり風景を眺めていました。
いくつか小さな町を通り抜け、草原のようなヨーロッパの風景を眺め、のんびり寝そべっている牛を見たり・・・なんだかとても幸せを感じました

まだ1つ演奏会が残っているので気は抜けないのですが、こうしてポーランドにまた来れて、それも単に旅行ではなく、演奏会で弾けて、あぁ私は素晴らしい時間を持てているなぁと感じたのです。

さあ、残るはカトヴェツェでのリサイタル。
ここは何度か演奏したこともあるし、マネージメントもよく知ったところなので少し安心です。

今日はクラクフに戻ってきてから少しゆっくりして、夜はポーランド人の友人と会う約束をしていたのですが、彼女が急病で来れなくなったので、1人で中央広場に散歩に出かけました
夜だけどこの辺りはすごく賑わっています。

練習は今日は自然にお休みだったので、明日と明後日、また次の演奏会に向けて準備します。
いよいよザレンプスキの出番です

スタロヴァ・ヴォラにてリサイタル

9月22日(水)

スタロヴァ・ヴォラ行きのバスは、行きはプライベートのバスだったので、大きなワゴン車のような感じでした。
地面はどれほどボコボコなの!?と思うくらいガタガタした揺れが直に伝わってきましたが、それでもお構いなしに寝てました。
私が行くスタロヴァ・ヴォラが終点だと思い込んでいた私は、そろそろ着く時間だと思いつつも、降りようとはしませんでした。
すると、運転手さんに何やら尋ねるおばさんの声。
「日本人が乗ってるはずなんだけど、いるでしょ?」
「いないよ!時間ないから、もう出るよ!!」
それって・・・私なのでは。
いや、いるし
「私だよ!!!」
運転手「いたーーー!!!!」
尋ねられてるんだから、確認しようよ!!!
なんとか無事に着きました。

到着すると食事が用意されていました。
パン、ハム、チーズ、トマト、そしてバター。
これを、昼、夜、翌日の朝、食べるんです

まぁ、とにかく温かい紅茶と一緒に食べて、しばらくぼんやり休憩していました。

リハーサルをして、いろいろ準備をして、待機。
お迎えの方が来てくれて、さぁいよいよ演奏だ!と思っているのに、
「テレビが来てるからね、先にそっち。」
テレビ・・・

別の部屋に通されて待っていると、テレビカメラを持ったおじさんとマイクを持った女の人が入ってきました。
テレビ・・・
簡単なインタヴューに答えました。英語でもドイツ語でもポーランド語でも何語で答えてくれてもいいよ、後で何とかするから☆と言われ、なぜか英語で答えます。
クラクフでの留学のことや、今の生活などと、それから一言メッセージ。

そして、「演奏を撮影しててもいいですか」と聞かれ、NOに決まってるだろ!!と思いつつ、「はい」と答えたのでした。「後で映像クラクフに送るからね。」
いらないし!!

ああああああ

なんか妙な緊張が混じり、顔は強張っていたと思います・・・

プログラム
ショパン 3つのマズルカOp.59  舟歌Op.60
シマノフスキ 仮面劇Op.34
ラヴェル  鏡

これだけ弾いたのに、休憩なしのぶっ通しでした
でも、新しくて素晴らしいスタインウェイのピアノで弾けて、温かい拍手で迎えられて、素敵な演奏会になりました

HOME →次ページ

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター