ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

02月≪ 03月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

グラナダ

グラナダ1
  マドリッドの地下鉄。青と白の電車、なんだかいいですねぇ。


マドリッドからグラナダはバス移動でした
観光時間を考え9時発に乗りたかったのですが、9時のバスはデラックス。
電車の1等みたいなものでしょうか。
通常の倍の料金ですが、それでも電車の半額です。
荷物管理もきちんとしてくれました。

1番前の特等席はやはり快適
景色は全面に見えるし、ドリンクやお菓子のサービスが何度もあってリッチな気分
オリーブ畑の中をバスは走りました。

ホテルに荷物を置いてから、王室礼拝堂やカテドラルに行き、アラブ街へ行ってお土産を見たり・・・

グラナダ2
   グラナダの街灯。スペインでは、街灯、ベンチを始め、町中のいろいろなもののデザインが素敵でした!


夕食はタパス。
カタツムリのスープ、エビ、タコ、牛テールの煮込み!
おいしかったのですが、タコを食べ終わったときはすでにお腹いっぱいに。
また同じ失敗を繰り返す学習能力のない私たちは、牛のしっぽが出てきたとき、またその多さに仰天しました。
絶対食べきれない・・・でも残すのはもったいないし・・・
あ!隣の席に日本人の男の子!しかも1人!
よし
「ねぇねぇ」と声をかけ、一緒に食べてもらいました
そして会話も弾むし、楽しい夕食になりました

グラナダ3


そこからフラメンコのショーへ。
洞窟の中で見るフラメンコ。迫力満点。
フラメンコってダンスなのかと思っていたのですが、主にリズムでした。
そして夜景の見学に連れて行ってくれて、夜のアルハンブラ宮殿です。
三脚がないので夜景は諦めていましたが、岩にカメラを置いて気合を入れて撮ったお気に入りの1枚


グラナダ4




さてさて、日本でどんなに花粉症が辛くてもヨーロッパでは発症しなかったので、今回抜群のタイミングで海外逃亡できるわ~と喜んでいました。
が!!
ナメていた・・・
スペインは杉が多いのか(この後糸杉の並木道を歩くことになります!)、花粉症が悪化。
飲み薬は持ってきていたものの、点鼻薬などは持ってきていなかったので、しまったと思いました。
それがグラナダに着いて急に重症化。

グラナダ2日目は、本当に苦しくて苦しくて、でもなぜかグミを食べていたらその間だけ症状がマシなことを発見し、グミの袋を片手で握り締めてず~っともぐもぐ。
アルバイシンというグラナダ最古の町並みが残る地区を歩きました。
昨日の夜景を見たところです。逆光でしたが、朝のアルハンブラ宮殿はまた綺麗でした

くしゃみ、鼻がぐすぐす、グミをもぐもぐ、写真をパチッ、地図をじ~っ、通り名をきょろきょろ、大忙しの私です。

そして、午後はこの旅行一番の楽しみのアルハンブラ宮殿
絢爛豪華なお城や宮殿はあちこち見てきましたが、こうしたイスラム芸術は初めてで感激でした


グラナダ5


グラナダ6



その夜はパエリアを食べにレストランへ
母はだいぶ疲れていたようですが(朝から動きっぱなし)、無理やり強行しました。
するとレストランへ入ったとたん、母の目がとろんとし始め、目は半分になり、顔もぼわ~ん。
せっかくの美味しいパエリアを、こんな母の顔を見ながら食べる羽目になりました



スポンサーサイト

トレド

翌日は世界遺産の町、トレド
マドリッドからバスで往復しました。

なんとなく静かな町というイメージがあったのですが、車がひっきりなしに通り、しかも石畳の上を走るのでガガガガとすごい音。
でも昔そのままという感じで、小道もたくさんあってとても素敵な町でした



トレド4


昼食は、行きの飛行機で隣だったマドリッド在住のおじさんに教えてもらった生ハムのとってもおいしいというお店で

ちなみに、このおじさまとても親切で、マドリッドの空港で、ぽけ~っと違う場所で荷物が出てくるのを待っていた私達2人をわざわざ呼びに来てくれたのでした。

紹介してくれたレストランのオーナーは自分で豚を飼っていて、一番いい生ハムをレストランに出し、それ以外を市場に出すとのこと。
まずはお昼だけどビール。生ハムにはビールでしょ
先に出てきたおいしい前菜とパンを食べて、そして、ついに生ハムの登場

出てきてびっくり、ものすご~く大きなお皿一面に生ハムがひしめきあっていました
ここで初めてスペイン人がよく食べると知りました。
そういえばポルトガルでも人々はよく食べていたなぁ。
あとで知り合った方曰く、スペインでは、食べないということは弱いということになるそうです。

トレド1


トレド2
料理の写真を撮っていたら店員さんが面白がって、大きなワインを持ってきて一緒に写真を撮ってくれました!

味は最高
最初はおいしい~~とぱくぱく食べていた私達ですが、間もなくお腹いっぱいになってきて(それでもお皿の端っこがなくなったくらいなのです)、だんだん無言になり、笑顔が無表情になり、そのうち目が白黒。
最後は自分が生ハムになった気分でした もうどこからでも食べてくれ!!!



トレド3
パラドールから眺めたトレドの町。この景色を見るために離れた場所にあるパラドール(ホテル)までタクシーを飛ばしてコーヒーを飲みに行きました。


さてさて帰りのバスでの出来事。
行きのバスと違う番号のバスに乗ったので、どこのバス停で降りていいかわかりません。
くるっと振り返って後ろのおばさんに「ここ(で降りるの)?」と聞くと、なんとバスに乗っている人一斉に「NO~~~
・・・ちょっとびっくした
スペイン語で説明してくれましたが、よくわからないのでこの先だと言っているんだろうと思っていたのですが、これをきっかけにバスの中で賑やかに会話が始まりました。そして降りる時は「ここよ」と教えてくれ、しかもこれまたバス中の人で「ここは電車の駅じゃなくてバスの駅だけどいいのね?」と確認してくれて、全員が満面の笑みで「ばいば~い
すごい人たちだなぁとしきりに感心し、自分もハイテンションになりました

マドリッド

スペイン旅行のことを書いていこうと思います。

15日(火)マドリッドに無事に着き、ホテルまで迷うことなくすんなり到着。
あ~憧れのスペイン
ヘルシンキ→マドリッドの飛行機の機内食は不味すぎて食べられたものではなかったので、ホテルに着いたらお腹がすいてました。
お陰で朝食はパンを何個も取り、ハムにチーズ、ソーセージ、デザートまでもりもり食べました!

さて、1日目の観光はマドリッドですが、あいにくの雨
でも雨はこの日だけで、他の日は晴れていいお天気でした

ともかく、最初の観光は王宮へ向かいました
私のガイドブックでは9時半~だったので9時半に王宮へ。
ところが10時からでした
雨と風の寒い中、並んで無言で待つこと30分、やっと10時になりチケット売り場が開きました!!

ところが、係りの人がとってもにこやかに「今日は公式行事があるので見学できません
え・・
早く言ってよ~~
王宮見たかったのに心底がっかり

気を取り直して、装飾美術館(家具などが展示してあります)に行ってからプラド美術館へ。
たくさんの絵を堪能しました。
ピカソの「ゲルニカ」を見に、ソフィア王妃芸術センターへも行ったので、美術館めぐりの1日でした

マドリッド
装飾美術館に展示されていた家具


マドリッド2
プラド美術館


マドリッド3
朝に見つけた市場でイチゴを買いました。フルーツが整然と並んでいて、お店の人にグラムや個数を言って取ってもらってから買います。イチゴはびっくりする大きさなので私たちは1人3個(笑)
この市場ではお寿司も売っていて、同時に日本茶のペットボトルも置いてありました。「あ!日本人?じゃあこのお客さんにラムネの開け方教えてあげてよ!」とお店の人に言われました。ラムネ懐かしい~~だけど、この人ラムネと一緒にお寿司食べるの・・???


ただいま~

金曜日帰国しました

スペインはとても人が温かく、旅行しやすい国でした
英語はあまり通じないんですが、スペイン語で平気で話しかけてくれて、わからないことを教えてくれます
当然わからないんですけれど、ここは想像で理解!

今回の旅行は困ったりすることもなく、とてもスムーズでした
楽しかった~~

さて、スペイン、ドイツ、フランス、イギリス・・・各国のテレビは日本の話題ばかりで、スペインの新聞も1面はいつも被災地の大きな写真が掲載されていました。
旅行中、何度も「日本人ですか?」と聞かれ、その度に「We are very sorry.」と言ってくれました。
固く手を握ってくれたりも・・・
とっても心が温まり、何事もなかった私ではなく、これを被災地に届けたかったです。


あぁ日常に戻ってしまったなぁ・・・と時差ぼけでぼんやりしつつ、日常にすぐ戻ってます(笑)
昨日は朝から晩まで予定がぎっしり。
そして帰国したらもう春だろうと思っていたのにこんなに寒くてがっかり。
早く暖かくならないかなあ。

行ってきます

被災地を思うたび気分が重い毎日ですが・・・

明日からスペイン

荷物は3泊用くらいの小さなスーツケース(キャリーバッグ?)なので荷作りといっても、服装を考えるだけですぐ済みました。あんまり余裕ないのでお土産買いすぎると大変なことになりそう(笑)でも荷物はできるだけ少なく!
そしてスペインはあれこれと治安の悪い様子も聞くので(強盗とか・・)防犯は考えられるだけ気をつけなければ。


では、楽しみに、行ってきま~す

地震

スペイン旅行だと浮かれていては申し訳ないと思うほど、日本は悲惨な状況になってしまいました。。

去年の春、仙台へ旅行に行き、塩釜、松島などあちこち訪ねたところが思い出されます。
あそこはどうなったのかしら、とか考えると心が痛みます。
上の弟は仙台で勤務していた時期があったのですが、住んでいた名取市も変わり果てた姿となり、訪ね歩いたところもあの様子で、とてもショックを受けているようです。
下の弟は今ヨーロッパへ一人旅の真っ最中。イギリスから電話をかけてきましたが、向こうでも地震の話題が多くを占めているそうです。ポーランドからもメールが届きました。
映像を見たり新聞読んだりすると涙が出そうになります。
どうか一刻も早い救助を・・・

音楽会&スペイン計画

第7回神戸クラシック音楽祭が終わりました
普段はリサイタルなど、自分だけで演奏することが多いので、今回のようにソロではあっても他の方たちと一緒に演奏会に臨むというのは違うところでドキドキします。
私は一番最初に演奏したので、後半は客席でのんびり聴いていました。
モーツァルトには苦労しましたが、正面から向き合ういい機会だったと自分で思っています。

演奏会自体は手作りコンサート風でなかなかいろいろな意味で面白かったです
いろいろな方ともお話して楽しい1日でした


さて、次はお楽しみ、スペイン旅行

旅程は、
①関空からマドリッドへ
②マドリッド観光
③トレド日帰り
④バスでグラナダへ行き2泊
(⑤アルハンブラ宮殿など)
⑥コルドバへ移動し2泊(コルドバはここで半日しか観光時間ありません・・・)
⑦セビーリャ日帰り
⑧バルセロナへ新幹線で半日かけて移動&バルセロナ観光
⑨バルセロナ観光
⑩バルセロナから帰国の途へ

アルハンブラ宮殿の予約時間をちょっと間違えたため、グラナダ泊を1泊延ばし、コルドバ観光が半日になってしまいましたが、かえってこれでよかったのかも・・・
これに合わせてホテルも取りました!!

スペインの新幹線(AVE)をネットで予約したいのに、日本のクレジットカードは受け付けてもらえないみたいで、何度やっても国鉄のホームページから予約できません。
せっかく早割りの6割引なのにーーー
目の前にこんなにおいしいものが転がっているのに予約できないなんて悔しくてたまりません

仕方なく、安くするためにマドリッドからグラナダへはバス移動することにしました
ネットで予約し、一番前の2席を確保
やった
だけどね、新幹線だと4時間半、でもバスでも4時間半です・・・あれれ??
どう考えてもよくわからないけど・・・バスが早いのか、新幹線が遅いのか・・・??

グラナダからコルドバへの移動は、電車よりバスの方が村などを通ってお勧めという情報をネットで見たのですが、日曜日でちょうどいい時間のバスは運休。遅い時間にしてでもバスを取るか、普通に新幹線で行ってコルドバ観光時間を長く取るか、迷い中です。

あとはこの移動をどうするか決めるだけで手配は終わりです

あ~~楽しみ

HOME

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター