ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

03月≪ 04月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ピクル先生

一昨日はアンジェイ・ピクル先生のリサイタルでした
実は私、きちんと先生のリサイタルを聴くのは初めてだったんです。
もちろん、ポーランドで先生の演奏はコンサートでも先生宅でもあちこちで聴いたことはありましたが、完全なリサイタルではありませんでした。
日本では聴く機会に恵まれず・・・
というわけで、かなり楽しみに行って来ました

少しチケットのことを手伝ったので席についたのは開演ぎりぎり。

ステージへのドアが開き、

先生出てきたーーーー

なぜに私が興奮するのか

それにしても、体力的に大変なプログラムなのに、演奏に魅了された素晴らしい一晩でした~


昨日は午前中学校でレッスンした後、先生のところに行って来ました

今取り組んでいるのはブラームスと、ショパンのレパートリーを増やすべく新しいマズルカ。
ブラームスはなんとレパートリーがなかったので、一度きちんと勉強しておいた方がいいなと・・
マズルカはやはり難しいですねぇ。
心で感じていても音にすると何かが違う。
そもそも感じているのが真のマズルカと何が違うのか・・・??
いつも本当に悩むものですが、この微妙な民族の感覚はもはや学べないものであり、先生からしても本質は伝えられないものなんでしょうけど、少ない時間の中で少しでも近づきたいと体中を耳にしました。

スポンサーサイト

リフォーム

今日から家のリフォームが始まりました

ちなみにピアノの部屋は1年ちょっと前に絨毯からフローリングに変えたため、今回は手をつけません。
私がピアノを弾いたりレッスンしたりするには支障がないんです。

2階から先に、それも弟2人の部屋だった2部屋から始め、完成したその2部屋に私の荷物を移動し、私の部屋を改装・・・という段取りだそうですね。
ということで今日からその2部屋の工事が始まりました。
弟2人はもう出ているので、そんなに荷物も多くなく、割と楽チン。
問題は・・次に取り掛かる私の部屋です!!

これをきっかけに自分の荷物を不必要なものは処分して、無駄に仕舞い込んだり積み上げたりしているものを片付け・整理しよう
と思ったものの、思っただけで、まったく手をつけていません!!!
片付けキライ
どうするんだ

でも今週は忙しいから、この週末からでいいや~とまだ思っている私。
そのうち半泣きになってやりだすんでしょうね。
わかってるなら先にやっておけという感じですね。

それと共に壁紙(クロス)を選び始めました。
ポーランドで住んでいた家がお気に入りだったのであんな感じがいいな~と思いながらサンプルをめくっています。

震災の影響で手に入らなくなったものがあったり値が上がったりするものがあるとか・・・
3ヶ月間の予定ですが、ともかく無事に終わりますように

通訳

今私のポーランドの師、アンジェイ・ピクル教授が来日されています。
桜の咲く頃に一度来てみたいと前々からおっしゃっていましたが、今回実現しました。

今日はカワイ梅田で行われたプライベートレッスンの通訳に行ってきました!

2人目の方が急遽来れなくなり、急遽代わりに受講された方がなんと私のお友達
時々ばったり会うので今回もこの偶然にびっくり
先生にも私のお友達なのと紹介しました

私も一緒に勉強したような1日でした。
帰ってきて楽譜広げて私も復習

さて、14日(木)に兵庫県立芸術文化センター小ホールにて、アンジェイ・ピクル ピアノリサイタルが開催されます。
プログラムはリストを中心に、ショパン、ザレンプスキ。
お時間ありましたらお運び下さい

モンセラット

いよいよ旅行も最終日
この日はバルセロナからモンセラットへ行きました

電車に乗って登山電車に乗り換えて・・いいお天気~~

バルセロナ7



到着してすぐ高い展望台から景色を眺めたかったのに、目的の展望台行きのケーブルカーは閉鎖中
もうひとつの方のケーブルカーに乗り、黒いマリア像が発見された洞窟の教会(サンタ・コヴァ)へ行きました。
景色を見ながらハイキング
遠くピレネー山脈まで見えました

バルセロナ9



バルセロナ8
   暗くて少しわかりにくいんですが・・・岸壁の中腹にある建物がサンタ・コヴァです。


戻ってきて、教会堂へ入る前に行列ができていたので、とりあえず何の列かわからないまま並びました(笑)
母に並んでもらっている間に私が確認。
あぁ、有名な「黒いマリア像」を見るために並んでいるのね
側面にある礼拝堂を通りながら教会をぐるっと後ろから周り、正面にあるマリア像まで行くのです。

すいすい進みそうだったし先にこっちを見てから、目当ての1時の少年合唱を聴いて、ゆっくり教会堂を見ようと思いながら内部へ入っていくと・・・急にまったく列は進まなくなりました
そのまま引くに引き返せなくなり、イライラが募ってきます。
いったい何十分並んでるのさーーーもうマリア像なんかいらないよッ

あああ、少年合唱始まっちゃった!!
ちょうど教会の前辺りまで来ていたので、真横の柵から顔だけ出して聴きました。
合唱は15分ほどでしたが、最後に日本の津波被害についてお祈りしてくれていました。

やっとマリア像に到達した時は(1時間以上かかりました!)へとへと。


バルセロナ10
    必死で撮った黒いマリア像。右手に持っているボール?をみんななでていたので、私も真似してなでなで。


でもまぁ結局マリア像も見て少年合唱も聴けたからよかったです
その分教会堂はそそくさと見て周ることになりましたが。。
ご飯を食べていないことに気付いたので、マフィンと、マーケットでイチジクのケーキを買って大急ぎで駅へ
間に合いました!(電車は1時間に1本なので。)
ふと気付くと、朝来るときに乗っていた人たちもたくさん

バルセロナに戻ってから、市場へ出かけました。
皮をむかれたウサギ、豚の足や鼻、舌、内臓、頭がついたたままの鶏、目玉がついたままの何かの頭、脳みそ・・・びっくりするようないろんなものが売られていて、なかなか面白かったです。でも、これらを食べていない日本ではどうしているんでしょうね。捨ててるの・・・ふとした疑問。
チョコやフルーツなども豊富に売られていたので、ここで干しイチジクやナッツ類を買いました。

バルセロナ11
   ぶら下がるソーセージやハム



カテドラルに寄って、あちこち散歩して、もう一度カサ・バトリョの方まで行ったので夜景を眺めました。
ちょっとしんみり。



楽しかったな~~~
旅行って一生懸命遊ぶので、本当は長くいるのにすぐ時間が経ってしまいますよね。
でもずっと来てみたかったスペインに来れて充実して素敵な時間を過ごしました
こんなに大満足したのに、もうまた次どこかに行きたくなっています
こんなにたくさんの国があり、文化があって自然があって・・・少しでも多く見たい、知りたいという思う気持ちがまた強まりました


バルセロナ12

バルセロナ

コルドバからバルセロナへはまたAVEです。

バルセロナに着いてホテルに荷物を置いて、早速観光へ。

まずはサグラダ・ファミリアを目指します!
私が前にバルセロナに来たときは時間がなくてサグラダ・ファミリアの内部に入れなかったので、今回楽しみでした
チケット売り場に並んでいると、なんと!グラナダで一緒にフラメンコを見た1人旅の男の子にばったり再会
一緒にサグラダ・ファミリアを見学しました

ちなみに、コルドバのホテルでの朝食では、日本人団体客と一緒でした。大きなテーブルしかあいていなかったので、先にいらっしゃったご夫婦に声をかけて同じテーブルにつき、お喋りして朝食を楽しめました
このご夫婦とは、帰りのヘルシンキでの出国審査に並んでいるときに私達の後ろに並ばれ、またお会いでき、お互いびっくり

会おうと思っても同じ時間に会えないのに、いろいろと偶然ってあるものなんですね


バルセロナ1



バルセロナ2



サグラダ・ファミリアのあとは、ガウディのカサ・バトリョ邸へ


バルセロナ3



バルセロナ4


出てくると6時でした。
少し迷いましたが、カサ・ミラが8時までなので頑張って行くことにしました


バルセロナ5


さすがに夜も遅くなりましたが、スペインの食事時間は遅いのでちょうどいい時間
近くのレストランに入りました。

タパスを数種類注文しましたが、そのうちのホタルイカのフライ。
ざっと数えて100匹以上は転がっていました!!
食べきれず20匹と泣く泣くさようなら~


バルセロナ6

コルドバ

今日は1日コルドバ観光・・・だけど月曜日でお休みが多く、メインのメスキータくらいしか見学するところがありません。

でもまぁ、いつものように張り切って朝早くから出かけました。
ゆっくり散歩しながらユダヤ人街を通り抜け、9:45にメスキータに。
チケット売り場もないし、ここかなぁ、とか言いながらなんとなく入っていくと、やはりすでに内部にいました。
どうやら10時まではミサをしていて無料で入れるようです。
ラッキー
おまけにミサでのパイプオルガンの音も聴けたし、とても得した気分

コルドバ1



コルドバ2
  キリスト教(写真右半分)とイスラム教(写真左半分)が混ざっていて面白いです。


それから、12世紀の邸宅を再現したというカサ・アンダルシに行きました。

コルドバ3


午後はお店に入ってお土産を見たりしてぶらぶら。


コルドバ4
  立ち寄った革細工の専門店。全て革で作られています。こうした絵から小物、家具まであって見ているだけで楽しかったです。

疲れたのでカフェに入りたかったのですが、なかなかなくて、探して歩いてやっと見つけた!
と思って座ったら、もう終わりだよと言われ、コーヒーのつもりだったのに仕方なくワインになってしまいました

セビーリャ

グラナダのホテルは朝食は8時からです。(7時半からのところが多いんですが・・)
コルドバへ移動する日は8時に出発しないと間に合わないので、朝食がどうなるのか尋ねました。(お弁当を持たせてくれたホテルもこれまでにあったので。)
すると、「仕方ないね。」というので、「え~~だって朝食代金払ったよパンとハムとチーズでいいからなんとかしてよ~。」と言うと、「一応朝食の係に10分前に開けてくれるように言っておくよ。」
ということでした。
「一応」なので、ちょっと心配だった私・・・
どうしても朝食食べたい私・・・

そこで、前日の朝食の際、パンとバター、ハム、チーズをお皿にのせて部屋に持ち帰っておきました
でも変な人ですよね、これらをお皿にのせてパンを手に持って朝食レストランから出て行く人(笑)
偶然誰もいない時を見計らってこっそりやりました。

翌日の朝はそれらを部屋で食べて、ちゃんとレストランを10分前に開けてくれたので(やった!)更に食べました
満足満足


グラナダからコルドバ移動は、初めてのAVE。
スペインが誇るという高速列車。スペイン版新幹線ですね。
なんと乗る前に飛行機並みの手荷物検査があります。
だけど座席は、前のデラックスバスの方がずっといいし、なんてことのない普通の座席でした

さて、日曜日と月曜日はお休みで見学できないところも多いので要チェックです。
最初はこの日(日曜日)はコルドバに着いたあと観光、翌日の月曜日にセビーリャ日帰り観光しようと思っていたのですが、絶対見たいセビーリャのアルカサルが月曜日お休みなので、予定を変更してこの日の午後、コルドバのホテルに荷物を置いてから無理やり日帰りで行くことにしました。

そして、マドリッドでまとめて買った電車のチケットをふと見てみると・・・
日付を間違えている
コルドバ - セビーリャ間のチケットが明日の日付になっています!!
そこで、変更してもらいに行くと、手数料がかかってしまいました。
もったいない・・・・

コルドバのホテルに荷物を置いて、すぐ駅に引き返してセビーリャへ。
時間がもったいないので、仕方なく駅から町中心部までタクシーです。

でもやはりアルカサルは素晴らしかったです
庭園は時間がなく少ししか見れませんでしたが、その後大聖堂に行って、塔にも上って景色を眺め、サンタ・クルス街(裕福な人々が住んだユダヤ人居住区)をうろちょろして、たっぷり全部観光できました



セビーリャ1
   イスラム風宮殿、アルカサル内部



セビーリャ2
   スペイン最大規模のカテドラル。中にはコロンブスのお墓もありました。



セビーリャ4
   オレンジの中庭から見上げたヒラルダの塔(カテドラル)。
   スペインでは街路樹も中庭もオレンジの樹です。


HOME

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2011年04月 | 05月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター