ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

02月≪ 03月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

ブレッド湖&シュコフヤ・ロカ

18日(日)

今日はアルプスの瞳とも呼ばれる美しいブレッド湖へ!!
リュブリャーナから電車で40分、駅からバスで10分ほどです。

美しい風景&水の色を楽しみにしていたのですが!!!!

あいにくの曇り。それも、空がどんより黒くて今にも雨になりそうな曇りです。
ひどすぎる
おまけに寒い冬セーターを着て出かけてよかった。

空も水も同じ色です。唯一ハクチョウが白色を添えていますね。
それでもブレッド城に登っていき、雲から覗く少しの日差しで、湖の青のようなものを見ました(「ようなもの」としか言えないのがあぁ悲しい



  P1020378_convert_20120331233029.jpg
      ブレッド城から見たフレッド湖。色がなんとも悲しい・・・



   P1020396_convert_20120331233117.jpg
      断崖に建つブレッド城



レストランでサンドイッチのランチと、ここで有名なケーキを食べましたもともと食べようと思っていたけれど、バスの中でおばさんに話しかけられ、ぜひ食べてみてと勧められたのでこれは絶対食べなきゃ!
同じようなケーキはポーランドにもあるんです。やはりヨーロッパは陸続きだから料理もいろいろな国のものが混じるのですね。でもポーランドのよりもあっさりしたクリームでした。おいしかった~~心が温まった瞬間です


   P1020417_convert_20120331233308.jpg




さて、午後はもうひとつの湖、ボーヒン湖へ行こうかなと考えていたのですが、こんな天気で綺麗な湖は見れないので、シュコフヤ・ロカという町へ行くことにしました。

ちょうどリュブリャーナへ電車で帰る途中にある町です。
駅で降り立ちびっくり。無人駅だ!!日曜だからだと思いますが・・・
そして、駅前誰もいない。

バス停チェック。
Oh No
町へのバスは5分前に出たところで、次のバスが2時間後
3キロ弱なので歩くことにしたのですが、それにしても方向わからないし、尋ねようにも誰もいない。
うろうろとしていると、あ!人がいた!! 
駆け寄って尋ねると、ひたすらこの道まっすぐだよと教えてくれました。

ひたすらまっすぐ、ひたすらまっすぐ・・・・・・・・・

誰もいない、車もない。
泥棒さんすら歩いていないようなので、お金をすられる心配すらありません
安全なのか危険なのか、非常に疑問なところです。
 
↓こんな感じ

    P1020424_convert_20120331233202.jpg


普段の生活では人が多すぎると思うことが多いですが、こんな風に誰もいないと人が恋しくなります。
大丈夫か、私たち。

ようやく町に着いて、ヨーロッパで最古級という小さな橋、カプチン橋を見て、ささっと教会を見て、シュコフヤ・ロカ城を目指します。


   P1020435_convert_20120331233224.jpg
       カプチン橋



途中道がわからなくなって、おじさんが教えてくれたのですが、これが問題。
当たり前だけど、私たちがお城へ行くことが知られたわけです。
このおじさん、後からついて来た!!!
最初からだったけど、お酒とたばこの臭いをぷんぷんさせてるし、ついて来たとなるとちょっと危ない!
必死で振り切ってその場を立ち去りました。
くやし~。ゆっくり写真撮って町を眺めたかったのに

日曜でお店も全く開いていないし、やることがなくなってしまいました。

ぶらぶら時間を潰して、6時のバスでリュブリャーナに戻りました。

疲れたのでレストランへは行かず、唯一開いていた駅前のスーパーでサラダ等を買って帰って夕食にしました。
ホテルの部屋でビールで乾杯

いろいろあったけど、かえって強烈な印象のシュコフヤ・ロカでした(笑)

スポンサーサイト

リュブリャーナ

17日(土)

早朝ウィーンからセメリンク鉄道に乗って、リュブリャーナへ。6時間の電車です
ヨーロッパでは草原のような車窓が多いですが、今回は山々を越えて電車が走るので美しい風景が広がりました

スロヴェニアの首都、リュブリャーナへ着くとお隣の国とは思えないくらいウィーンの華やかな雰囲気とは一変します。

ホテルは中央駅からすぐ近くなのでチェックインを済ませてから町へ出かけましたが、中心部へはこれまた徒歩数分ですぐ近くでした。
小ぢんまりしてるけれどかわいい町です
アイスを食べながらしばらく広場にたたずんでいました。
アコーディオンやバイオリンを弾いている人達がいて賑やかな雰囲気です


  P1020282_convert_20120331231534.jpg
     三本橋。向こうに見えるのがリュブリャーナ城。



それから三本橋を渡ってリュブリャーナ城まで歩いて坂道を上って行きました。
広場以外は全体的に人が少ないです。
お城では町を眺め、チャペルに入りました。


   P1020331_convert_20120331231411.jpg
      リュブリャーナ城内部。



川沿いをゆっくり散歩。両側にカフェなどが立ち並んで綺麗です
日が暮れると規則正しく並んだ街灯に照らされてまた別の綺麗さでした    

   P1020336_convert_20120331231601.jpg
       

途中で雰囲気のよさそうなレストランを見つけたのでシーフードリゾットの夕食にしました
お客は私たち2人。
せっかく美味しいのにこのレストランやっていけてるのかな、などと言いながら食べました(笑)

風が強まってきて明日のお天気大丈夫かしら・・・。

ウィーン

15日(木)

関空からフランクフルト乗り換えで、ウィーン着。
無事ホテルで友人と落ち合いました。
いよいよ旅の始まり~



16日(金)

1日目のウィーン。
今回はウィーンから電車でスロヴェニアへ入ろうということで、それならウィーンも1日増やして観光を・・・というわけで1日目はオーストリアにいます。私がこれまでに行きそびれたベートーベンゆかりの地を訪ねるのが目的です!

楽しみすぎて、目覚めた瞬間からハイテンションで喋り出す私(笑)
朝食をいっっぱい食べて、いざ出発

まずはハイリゲンシュタットへ。
ベートーベンの小道を歩きました。
天気もいいし暖かくて気持ちがいいです
そこからベートーベンの遺書の家に行くときに、迷いに迷いました
たどり着いた時には、ふー

中にはベートーベンのデスマスク、遺髪、鍵穴を隠した道具などなど。
そして、べートーベン直筆の遺書!!
この家で改めて内容を全て読み(日本語訳のパンフレットを借りたので。)新たな深い感動を覚えました。
ここで本当にベートーベンという人は生きていたのですね。
初めてベートーベンのお墓を目の前にした時も感動で胸がいっぱいになりましたが、その時とはまた違った思いが込み上げました。

          P1020035_convert_20120330232112.jpg
                 ベートーベンのサインがある遺書


その後シューベルトの生家に行って、あの丸メガネを見ました!!

昼食後は楽友教会ホールへ。
本当はコンサートを聴ければ一番なのですが無理だったのでドイツ語ツアーで内部見学。
早く見たいのに、入口の所でひたすら説明を聞かされました。
ひそかに日本語で文句を言ってる私たち。
でも、ホールはとても豪華でした
ここでニューイヤーコンサートをやってるんですねぇ

町の中心部を歩いて、私は懐かしさに浸りました。一人でだったり、家族とだったり・・いろいろな人とここを歩いたなあ。ウィーンはかれこれ5回目です。
そして、またまたまたデーメルのカフェへ。ケーキも食べたかったのですが、後の時間が迫っていることもありコーヒーのみ注文取りに来るのもゆっくりなので、コーヒー持ってきてもらった時に支払いも済ませてしまいました。早く早く、という焦った感じになり、せっかくのウィーンのカフェなのに、全く優雅さのかけらもありませんだけどここで飲んだコーヒーは、この旅行中で一番おいしいコーヒーでした

中心部にあるパスクァラティハウスというベートーベンの家へ行った後は、寄り道しながらオペラ座の辺りまでリンクを歩きました

約束の時間ぴったりに、ウィーンにお住いの方々との待ち合わせ場所に着きました。
そして、なんと今回諦めていたホイリゲに連れて行ってもらいました
ワインはあっさりした感じ、食事もおいしいし、初対面なのに話も弾んで、1日目からこんなに楽しい夜が過ごせるなんて
おまけにカーレンベルクにも寄って下さって、そこからウィーンの綺麗な夜景が見れました
感激

明日はスロヴェニアへ向かいます。

帰国しました!

今日無事に帰国しました
日本まだ寒いですね・・・

いろいろハプニングはありましたが(笑)、とっても楽しい旅でした

また書いていきますね

出発

明日からウィーン&スロベニア&クロアチア行ってきます

ホテルも安く確保できてちょっと満足

あとは天気に恵まれますように

楽しみに、行ってきま~す

パスポート

パスポートを更新して、今日新しいパスポートを受け取ってきました

ちょうど10年経ったんですね~
その頃は留学とか考えてなかったっけ・・・。

主に訪れたヨーロッパ各国各地のスタンプがたくさん押されています
中には貴重なスタンプもあると思います。
ポーランドのスタンプだってきっと貴重ですよ
ポーランドへは必ず乗り換えが必要なので、乗り換え地でのスタンプだけ押され、今ではもうポーランドのスタンプはもらえなくなったからです。(シェンゲン加盟国のため)

ちなみに、スタンプですが、飛行機で飛ぶと飛行機の絵が描いてあるスタンプですが、電車で国境を超えると電車の絵、バスで国境を超えると車の絵になるんです

たくさんの想い出が全て詰まったパスポート
なんだか更新が残念だったくらいです。

さて、今日受け取ったパスポートですが・・・

発行日が、  2012年2月22日
有効期限が、 2022年2月22日

きゃー
偶然ですけど、素晴らしい

これはきっととてもラッキーなことがありますねっ

HOME

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター