ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

11月≪ 12月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

おじいちゃん

一昨日、93歳になった祖父

先月初め、胃カメラによる医療事故により、全く飲み込めない、声が出ないという症状に苦しんでいました。
母が東京へ駆けつけ、病院がミスを謝罪し賠償するということで、大学病院の嚥下専門医を紹介され、すぐ入院。
入院後、私も東京へ向かいました
元気を出してもらいたくて、クマのぬいぐるみと、9月に一緒に行った横浜の写真を現像して持って行きました。

しばらくして声は自然に出るようになりましたが、嚥下障害がなぜ起こっているのか、ありとあらゆる検査をやってみても一向に原因がわからない。全く飲めない&食べられない状態。
最初は元気をなくしていたけれど、そのうち誰がいつ来るのかを楽しみにしてメモメモ・・・(笑)「すっぽかすんじゃないよ!!」と言われた東京在住の弟は足しげく通いました
途中、肺炎になったりもしたけれど持ち直し、元々は病気じゃないので身体はかなり元気です。

原因がわからないけれども、一度この治療法を取ってみましょうということで、今月に入ってから試してみた治療がなんと功を奏し、急に普通に食べられるようになりましたなんだかあっけない治り方
先週私も1泊で東京へ行ったとき、食べられるようになったばかりでしたが、病院食を毎食、ぶーぶー文句言いながら食べていましたまずいんだって・・・そりゃあね、レストランじゃないからね。1か月半ぶりに食べられた感動はないのかしら

よかったよかった 誰もが、歳も歳だしもう元には戻らないんじゃないかと内心思っていたと思います。
得た病なら仕方ないと思えるけど、こんな形で終わりなんて悔しいと思っていましたが、元の病院の誠実な対応と、信頼できるお医者さんに出会えたことで、「命拾い」できました。


でも、やはり一人暮らしはもう限界じゃないのということで、うちで同居することになりました
大阪へ来るとテニスはできなくなりますが、たまに、月に1回か2回は東京へ通うようにするそうです生徒さんと病室で約束していました。まずは、コーチのいない忘年会は中止だから新年会に行くんだって

胃カメラさえ飲まなければ、93歳なんて中途半端な年齢じゃなくて95歳というキリのいい歳まで(笑)テニスできたかもしれないのに残念です。
それに、長年東京か横浜で祖父と会っていましたが、もうこんな風に待ち合わせて一緒に遊ぶことはないんだなぁと思うと寂しいです。

でもまた新たな生活が始まりますね
明日退院なので早朝から東京まで迎えに行ってきます
スポンサーサイト

クリスマス会2013

今日はピアノの生徒のクリスマス会をしました
保護者の方も一緒に、1年で1度のお楽しみ会です

先日のリサイタルを終えた直後から風邪をひいてしまったんですけど(笑)、今日はだいぶよくなって症状もほぼなくなってきました。
昨日から部屋を片付けたり、ピアノの部屋を準備したり・・・そして、ケーキ作り!!

今年はチョコレートのビスキュイでセットした枠に、ミルクチョコレートクリームとメープルババロアを2層に流し込んだケーキ中には洋梨も挟んでます。
失敗なく作れてよかった~!! いつもと作る量が違うと何か間違えたりするので、ちょっとドキドキでした。

今日はまず弾き合い会直前まで危なくて私の雷が落ちた子もかなり練習したようで、みんな上手に弾けました
発表会後のレッスンで勉強した曲からお気に入りの曲と、クリスマスの曲とを弾きます。
いつものピアノの部屋なのにいつもとは雰囲気が違うからか、子ども達はかなり緊張気味。
大慌てで弾いて、“あわてんぼうのサンタクロース”がほんとに慌ててるよ!っていう子も(笑)

それから、みんなでパーティー

「チョコレートケーキがいい!!」と毎週リクエストしていた男の子。それを私が話していて、“ああ、だから先生はチョコレートケーキを作ったんだ”とみんなが理解したところで、彼はケーキが丸ごと乗ったお皿を持って来て言いました。
「食べない。」
ええ!?みんなびっくり
たぶん子どもが好むチョコレートケーキとは違うんでしょうね
残しておいて下さいねと言ったのですが、お母さまが気を使って下さったのか2つ食べていらっしゃいました。
母親って大変だ・・・

大人と子どもとはっきりテーブルも居場所も分かれてしまうので、それぞれで楽しんでいるのですが、子ども達を見ているとお菓子を切らさないように大皿に盛っていたり、ジュース飲んだり、お菓子のゴミもちゃんとまとめて捨てたり、みんなで責任持って手分けしてやっていました
みんな個性豊かな子ばかりで最初から賑やかですが、そのうち全員で遊びだしました
男の子も女の子も、年齢も関係なく、だるまさんがころんだをやっていたり全員でゲームをしていたみたいです。
みんなお互いに優しいし、何にも道具がなくても子どもは勝手に遊びを見つけて一生懸命遊ぶんだなぁと本当に感心します
子どもの社会が出来上がっていました。
そこに大人は不要ですね

保護者の方とは色々と話して盛り上がりました
たくさんお気遣い頂き、準備や片付けも私がやる事なくなってしまって申し訳ないくらい協力して頂いたので、本当に感謝です
レッスンに付き添われるお母さまも多いですが、付き添われない方も来て下さって嬉しいです
皆さまとゆっくりと普段とは違う感じでお話しできるチャンスなので、私もとても楽しいひと時でした

まだ今年のレッスンがある生徒もいますが・・・
来年もまた一緒に頑張りましょうね

久保惣美術館でのリサイタル

昨日は地元のクリスマスコンサートで演奏しました
ドレスのチャックが壊れるというハプニング・・・太ったから閉まらなかったんじゃないんですよ、壊れたんです
走って家に別のドレスを取りに帰りました、母が(笑)
「そろそろ時間ですけど・・・」とスタッフの方が呼びに来られましたが、
「あ、私はいるけど、ドレスがまだなんです・・・」
「・・・え?」
これからは予備のドレスが必要なのでしょうかねぇ。
お客さまは温かくて、とても気持ちのいいコンサートでした


そして今日は久保惣美術館でのコンサートでした
ちょっと寒いけどお天気がよくてよかったです。

数日前から小指の先(ちょうど打鍵で当たるところ)が割れていましたが、完全にぱっくり裂けてしまい、朝弾いた時に血だらけに・・・
この状態で交響的練習曲を弾くのは辛すぎる

とりあえず、ホールでのリハーサルをほんの少しにして指を温存し、液体絆創膏を塗りまくり、細く切ったテープできつく巻いて本番に臨みました
でもどうしても手にも汗かくし、液体絆創膏はすぐ取れてしまったので、前半終わった後の休憩時間中もテープを切って巻いての作業

さて、前半は小品もあるし、どの曲も5~10分くらいなので、特に難なく普通のプログラムだったと思いますが、後半の交響的練習曲は長いので、「遺作も弾くので35分くらいかかります」と話すと、会場からはどよめきが・・・(笑)
いつ終わるんだろうと思いながら聴くのもしんどいだろうと思ったので時間を言ったのですが、35分と具体的に言われるとびっくりするんだろうと思います
まぁ、自分でもびっくりですけどね、35分も今から弾くんだ。。。

弾いていると小指の痛みは忘れてしまったし、どうにかこうにか乗り切りました

4月のリサイタルも変奏曲をテーマにしています
これから3か月間、長いようだけどあんまり時間はないですよね。真摯に音楽と向き合ってもっともっと磨いていこうと思います。

ご来場下さった皆さま、ありがとうございました

久保惣ミュージアムコンサート

コンサートのお知らせです

北中綾子ピアノリサイタル
~バリエーションの魅力~


2013年12月15日(日)  
14:00開演
和泉市久保惣記念美術館内 久保惣Eiホール

<プログラム>
ヘンデル / シャコンヌ ト長調 HWV435
ショパン / 変奏曲 WN16
       子守歌 op.57
パデレフスキ / 主題と変奏 op.16-3
シューマン / 交響的練習曲 op.13

コンサートは美術館に入館された方は無料で聴いていただけます。(整理券が必要です)

12月に入り、あと10日後に迫りました。去年と同じ時期のコンサートなので、年末でお忙しいとは思いますが、ご来聴頂ければ幸いです

HOME

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター