ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

06月≪ 07月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

今年の夏には・・・

今日は先日ブログに書いたこの夏の海外旅行のことです。
今年は旅に出たいと思っていて、バルト三国に行くことにしました

なぜバルト三国なのか???
それは、一言でいえば、ヨーロッパで他に行きたい国がなくなったからです
スイスの自然は行ってみたいと思っているけれど、一人はどうなのって感じでもう少し残しておきたい。。
ギリシアとかトルコは一番行ってみたいけれど、暑くて悲惨だろうし、今は状況がちょっとね・・・。
そうなると、夏だし北の方に行きたかった&行ったことのない国、となると選択肢が狭い(笑)

今まで、絢爛豪華な宮殿やお城、ひっそり佇む古城、圧倒される大聖堂、中世そのままの街並み、美術館、博物館・・・
様々な国に町に。。。たくさん行きました。
最初は全て感動でしたが、体験を重ねるとその感動が薄れるのは悲しいことですね。
でも、主なものは全て見尽くした感じがするのが正直なところなので、ヨーロッパで感動するのはもう難しいのかも。。。

でも、やっぱりヨーロッパに行きたいと思うんです。
それに、私が自分で行ける国々や場所は限られているので、個人で動くには限界があります。結局この理由が一番大きいですね。
というわけでバルト三国に決定

バルト三国(エストニア、ラトヴィア、リトアニア)はそれぞれの首都が世界遺産
城壁に囲まれた中世そのままの町らしいです。私、まさにそんな町に住んでいたので(ポーランドのクラクフ)、“あぁ、あんな感じね”となるのですが、町歩き大好きクラクフとはまた雰囲気が違うんだろうなぁ

また、ポーランド留学中、ラトヴィア人(と思っていた)の友達がいて、まだ生活に慣れなかった頃によくコーヒーを飲みに誘ってくれました
お互いの国の話をしている時に、「みんなバルト三国ってまとめて言うけど、本当は3か国とも言葉も文化もぜんっぜん違うのよ!!」と力説していました。私もその一人だしなぁ、そもそもバルト三国って馴染みもないしなぁ、ていうより、あなたラトヴィア人よね??とか思っていたのですが、すでに時は遅し、3つの国がこんがらがったとか言い出せず、聞きそびれ・・・
後にリトアニア人とはっきり判明しました。ごめんなさい。
そんなわけで、ポーランドにも接しているし、3か国がどう全然違うのか漠然とした興味はありました

なんとなく目新しいものはなさそうだけど、それでも行ってみないと雰囲気も楽しさも色々分からないので、行ってきまーす
バルト三国の前に、ヘルシンキを1日ぶらぶらしてから、翌日フェリーでエストニアに渡ることにしています
楽しみです
スポンサーサイト

ピアノ発表会2015

今年のピアノの生徒の発表会が終わりました

前日は全員のプチレッスン最後のソロの確認と連弾の合わせ、またお互いに聴き合って緊張の練習もしています。

当日は午前中にリハーサル
さて、早めにホールに着いたし・・・足台、看板を車から出して、それから大事な荷物・・・と、その荷物を忘れたことに気付きました
きゃー、早速軽くパニック
前日の夜にちゃんと持ち物リストを見ながら全部紙袋に入れて、カバンと一緒に置いておいたのに、忘れるなんて
あたふたしているのを見ていた生徒のお母さまが、「私が行ってきます。」と言って、なんと私の家まで取りに行ってくださいました
助かりました

そんなこんなで無事に本番を迎えました
みんな髪をセットして、ドレスを着てとても綺麗です小さい子もかわいい~男の子もカッコイイ
また、今回はとてもお客さまが多くて、椅子が足りなくなるという・・・慌てて開演前に追加して出しました。
これまで一生懸命練習してきた生徒さんたち、たくさんの方々に聴いてもらえてよかったですね私もとても嬉しいです

ところで、今年のプログラムは、生徒さんたちの絵を表紙にしました
希望者に絵を描いてきてもらい、スキャンしてパソコンに取り込んで、写りこんでしまった不要な線などを消して・・・印刷して完成です
とてもかわいい、素敵な絵のプログラムが4種類できあがりました
満足満足
皆さまにも好評です今年描かなかった人はぜひ来年描いてくださいね~

そして、今回、とっても素敵なプレゼントも頂きました~
「ピアノ発表会」の看板です
ただの看板ではありませんよっ!!
生徒さんご家族の書道家の方が書いて下さったものですそれを額に入れて、立派すぎる看板が出来上がりました
正面に飾りました
皆さま、じっくりちゃんと見ましたか!? この立派な看板に負けないように、更にこれから練習頑張って下さい

終演後もお礼のお菓子や心のこもったお手紙を頂いたり、今年は皆様の暖かいお気持ちをたくさんいただきました
ありがとうございます

ピアノを練習するのは毎日のことなので大変なことだと思いますが、努力を重ねた人だけが得られる喜び、幸せです
それを感じてもらえたらといつも思っています。

では、また来年の発表会に向けて頑張りましょう

誕生日&おじいちゃん

一昨日は私の誕生日
メールやメッセージ、プレゼント・・・お祝いして下さった方々ありがとうございました

それにしても、私の誕生日なのに・・・誕生日にお葬式なんて悲しすぎるよ、おじいちゃん。
去年はあんなにお祝いしてくれたじゃないの。

母方の祖父が亡くなりました。東京&埼玉で92歳までテニスコーチをしながら1人で暮らしていましたが、93歳の誕生日直前大阪にやって来てたった1年半ほどでした。よく食べて(お肉とお菓子大好き)健康そのものだったので、もっともっと元気に長生きするのかと思っていました。
大阪に来て最初の1年はうちで一緒に暮らしました。それからいわゆる老人ホームへ引っ越しましたが、少し弱ってきてはいたものの元気なので4月には奈良と金沢に自分で歩いて旅行にも出かけていました。
それなのに。。。

東京方面へ祖父に会いに行き始めたのは大学生の時です。
母が行くときに時々ついて行くようになり、ホテルに泊まってあちこち観光しながら会っていました。
旅行の思い出のようになるので、ひとつひとつが濃く印象に残っています。

その中で、特に印象的なのは横浜。
なぜでしょう・・・海があって風景がいいからでしょうかね。同じホテルに何度も泊まって夜景を眺めました。
祖父も横浜が大好きで、最期まで横浜にもう一度行くんだと言っていました。
早く退院して体調整えないと横浜に行けないんだから早く帰りたいんだよ、と。
体調がすぐれずに、しんどくて横になっている時も、山下公園、ロイヤルパークホテル、大桟橋・・・などつぶやいていました。

肺炎で入院したのは1か月少し前。
でも食べる意欲はなくならず、「快気祝いはすき焼きだよ、それから綾子はケーキを持ってくること!」と楽しみにしていました。
私の作るケーキと私の淹れるコーヒーをとても楽しみにしてくれていて、最後にホームへ母に届けてもらったのは苺のムース&パイナップルのマリネでした。ホームを別のところへ引っ越して、今度は冷蔵庫もポットもあるから、綾子がケーキを持って来てくれたら僕がコーヒーを入れてもてなすよ、と約束していたのに、ついに叶いませんでした。
その時は、今は忙しいから2週間後くらいに行くよ、という感じだったのですが、その2週間後には入院してしまったので・・・早く行けばよかった。

先日、肺炎の症状が落ち着いて治療は終了したからと退院したのに、翌日、もう旅立ってしまいました。退院した翌日はお風呂に入って、散髪してもらって、ゼリーなど美味しいもの食べて、運動もしたのに、それから数時間後には危篤でした。
でも、入院中は帰りたい帰りたいと何度も言っていたし、口から食べさせてあげたいと思っていたので、最後に1日でも帰れて甘いものを食べられたのはとてもよかったと思います。
最期まで意識ははっきりし、問いかけにも首を振って答えていたし、「おじいちゃん、喋ることと食べることが取り柄でしょ。」と言うと何度も頷きました。
娘である母に手を握られながら逝けたのは、祖父にとっても母にとっても幸せなことだったと思います。

一緒に暮らしたから色々な出来事があったけれど、今は私が東京や横浜に通っていた時のことの方を先に思い出します。
本当に楽しかったです。横浜が楽しかったという祖父と共通の思いがあれば、それで充分です。
そして、うちで美味しいコーヒーを飲んだ楽しい時間。ガーッと大口の、満面の笑み。
お互いに大切に思っていた横浜に私はしばらく行くことはないでしょう。

ありがとう、と、私はおじいちゃんをとても大切に思っていたんだよ、と最後に心で伝えました。

人が命を閉じる時、ひとつの時代が終わるのですね。
まさに、波乱万丈の人生だっただろう祖父。

悲しいというより、寂しいです。

ポーランドとの関わり

しばらく書いていませんでした。
その間にも色々な出来事がありましたが、うっかりサボって?いると、あっという間に時は流れていきますね
しかもその出来事も絡み合ってきているのですが、
まずは・・・

先週、ポーランドよりアンジェイ・ピクル教授が来日され、レッスンをされました
日曜日は、いつものようにマスタークラス
1日中通訳です。

いつものようにイメージ豊かな充実したレッスンでした
受講された方々が音楽に向き合われている様子に私も多くの刺激を受けます。その方たちとのランチも楽しみのひとつ
通訳しながら勉強もできる贅沢な時間です

そして、先生のお土産、恒例のウォッカは、今回はオークの木を香り付けに入れたもの。
オークの素敵な入れ物に入っていました。
食後にポーランドのピリッと辛いソーセージと一緒にいただきまーす
でもグビっと飲んでしまうウォッカの味の違いは実際あまり分かりません香りを楽しんだりゆっくり味わうお酒ではないので仕方がないですが、それでもほのかな香りを感じた気がしました。

いつもながら、音楽に浸るとても恵まれた数日間でした

さて、秋にポーランドへ演奏旅行に行くことになりました
ちょっとまだ分からない部分も多く、向こうがバカンスに入ったのか何なのかそれ以来連絡が取れていないので少し心配ですが。。。リサイタルは決まっている分があるので、確定だと思います。

それよりここで大問題が!!

これは去年に出ていた話なのです。ですが、向こうの都合などにより、結局流れてしまいました。
“来年はぜひ”ということでしたが、今年に入って春になっても声がかからないしまた流れるのだろうと思い…、なんと、夏に久々の海外旅行の計画をしてしまいました
それなのに、まさか3ヶ月前の今になって話がくるなんて、プログラム&予定どうするの
私、ポーランド留学中じゃないんだよ、仕事してるんだよ、都合があるんだよ

でもこれは大きなチャンス
行かないという選択はありません
仕事はなんとか都合をつけます。プログラムはできるだけ新曲は避けたいので、今の手持ちでベストなプログラムを組みますが、まだポーランド側とプログラムの調整があるのでそれの返事を待っています。早くして

それにしても今から10月に向けてプログラムを用意するだけでも大変なのに、途中海外旅行

考えてみるといつもこうですね。
チャンスや予定は別々に来てくれればいいのに、ない時は全くないし、ある時は重なる。
重なったらひとつひとつのことを、じっくり楽しめないのでとても残念に思ってしまいます。

でも、秋に予定していた連弾でのコンサートはさすがに無理なので春に延期してもらいました。
まだ変更せざるを得ないこともあります。

とにかく弾きます

HOME

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター