ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ポーランド③ 音大でレッスン

10月18日(日)

今日は日曜日。
みんな朝はゆっくりですが、昨日の夕食はコンサート後であまり食べられなかったこともあり、朝はお腹がすきすぎて、勝手に冷蔵庫開けてパン、ハム、チーズを取り出して食べました。

「おはよう。え!?綾子もう食べたの?」
「食べたよ・・・」

なぜかとてもお腹がすくのです。
先生の奥様、マリアさんも仕事をしていらっしゃるので、昼間はお手伝いさんがいます。
一昨日は、お昼の用意をしているお手伝いさんに、「ご飯できた?」「お昼まだ!?」「お腹すいたよ~!!」と子供のように3回も言いに行ってしまいました

さて、今日は朝10時からクラクフ音大でレッスンです

私がレッスンを受けるのではありませんよ、レッスンをするのです

昨日のコンサートの終演後、、ラフマニノフ「楽興の時」のレッスンを受けたいというクラクフ音大の女子学生(ポーランド人)がやって来たのです!
先に音大を通してあり、このレッスンはクラクフ音大の公認(特別講師)なので、音大側がレッスン室など全て用意。

ちょっとドキドキ
教わっている時は学生の立場としてレッスン室に入っていたのに、今度は先生として入っていくのです
先に彼女がレッスン室で待っていました。

こちらの学生は結構意思表示します。
ハイ、ハイと先生の言ったことを聞くだけではないので、彼女も私に質問したり、音楽の考えを伝えてきたりします。
特に今回はワンレッスンだけなので、私のラフマニノフのこの曲に対する考えや音楽に触れたいという気持ちがとても伝わってきました。

日本語でも伝えるのは難しいのに、外国語できちんと伝えられるのか心配していましたが、そんなわけで、私もだんだん熱くなってしまって2時間ほどレッスンしました
同じ音楽に熱くなれるって本当に幸せですね

さて、今日はピアノが空いていないので全く練習できません。日本にいてリサイタル前に練習できないとかかなりの驚きですが、焦っても仕方がないので、ラッキーと思ってゆっくりゆったり休日にしましょう

天気がとてもいいので今日はヴァヴェル城の辺りをじっくりと散歩しました
(クラクフのことは次回まとめてご紹介します!)

お城へ向かって歩きながら、色々な思いが湧き出してきました。
クラクフは私をピアニストとして育ててくれたところ。
日本では想像もできなかった大きな刺激を受け、毎日練習に明け暮れました。日本にいるとまずそんな日々はないと思うので、全て断ち切って外国へ行き、毎日音楽のみに没頭することはとても大きなことです。
それに、向こうの学生は日本のようにバイトはしないし、本当に音楽を真剣にやっている人たちです。そういう友人などの姿を見て、音楽について語り、お互いの演奏について語り・・・どれほどのことだったでしょう。
もちろん、そのような環境に自分の身を置けたのは、ピクル教授と出会えたからこそです。

そんな友人とも飲んだり遊んだり、本当に楽しいこともたくさんありました

それから、クラクフには他の国に留学していた友人たちが訪ねて来てくれました。私も遊びに行ったし、お互いの国を訪ね合いですね
家族もみんなやって来ました。
色々な人たちが来て、一緒にとても楽しく過ごしたところ。

全てを含めて、きっと私の人生でいつまでも「宝物」である時間です。


夜はクラクフ在住の日本人の友人とお食事
お肉をたくさん食べたかったのでステーキレストランへ。
牛肉の塊を(これはステーキか!?)、包丁のようなナイフで食べました。こんなのナイフじゃないやん・・・。

それからワインショップへとお店を変えて、ワイン片手に話は尽きませんでした

深夜にこっそり帰宅。

スポンサーサイト

ポーランド② 2日目&リサイタルinクラクフ

10月16日(金)
8時半ごろから少しだけ先生の家で練習して、フロリアンカホールへ。先生宅からホールまでは公園を通り抜けて歩いて12分くらいです。
今日は10時から1時までの3時間のリハーサルですが、誰も来なかったので1時半まで弾きました。

明日のコンサートのイメージをしてから帰り、遅い昼食の後、軽くまた散歩に出かけました
町をぶらぶら歩いているだけで気持ちがいいです
今日は暖かくていい天気

日本での仕事や諸々と全て断ち切ったところにいて、音楽にだけ浸れるとても贅沢な時間です

疲れないようにして早めに帰り、また夕方練習し、明日に備えました。


10月17日(土)
ポーランド1回目のリサイタル、クラクフでのリサイタルです。

日本でリサイタルやコンサートだと(お昼間のリサイタルも多いのであまり本番まで時間もなく)、家でちょっと弾いて、用意して、電車に乗って出かけて、ホールでリハーサルして…と忙しいですが、今回の開演は19時&移動時間いらない分ヒマです。
時間あるからといって弾きまくるのも疲れるだけなのでほどほどにしておかないとと思うのですが、かといってお昼寝するほど余裕もなし(笑)

今日は家に誰もいないので誰と話すわけでもなく、なんだかソワソワしつつ、ダラダラ過ごし、時間になったので張り切って用意して出て行く瞬間に1時間早かったことに気付きました

もう用意終わったんだけどなぁ…余った1時間またダラダラ。
早めにホールに行くものの、もうリハーサルも終えて(とにかく疲れを防ぐために、ちょろっと弾く程度に強制的に留めておかなくては、と思っているのです)、またぼんやり音楽を聴いたり。

このダラダラ時間はかえって良くないですねぇ
気持ちがリラックスしているわけでもないのに持て余しているわけですから…別の意味で疲れそう。
仕方がないのでお菓子を食べました。
それにしても天気が悪いですね、リハーサル中に大雨になりました

さて、ポーランドでは開演時間が遅れるのは当たり前です。10分くらい遅れても平気。“開場時間”とはっきり決まっていないのでお客さんもギリギリに来てゆっくりしていますし、様子を見てそろそろ始めようかとなるので、この微妙な時間のズレも本番モードに調子を合わせにくいところです(笑)

まぁ、知っていれば10分遅めにテンション上げればいいし。

・・・・と思っていたら、今日は時間通りでした

ラジオ等でも宣伝されたらしく、なんとホールは満席
先生や友人はびっくりしていました!!

休憩時間中にピクル先生が楽屋へやって来て、「ところでアンコール何弾くの?」「あれ?最初トロイメライでしょ?」「こんなにたくさんお客さんいるんだよ、トロイメライはやめて(ショパンの)ノクターンを(2曲)順番に弾きなさい」

え・・・!?
1曲は始めから弾くつもりだったのですが、念のためにもう1曲今日弾いておいてよかった

2曲目のアンコールを求める拍手に感激しました
(パチパチパチではなくて、会場全員一緒にタンッタンッと揃えて手をたたくのです)

ところで、何回やってもコンサート本番に平気になるわけではなく、大きなコンサートは恐怖と向き合わなければなりません。練習量に比例する自信も感じつつ、その間で揺れます。
また、今回大きく宣伝されているのは事前に知っていて、かなりのプレッシャーでした。

舞台で演奏する限りこういうことがなくなることはないなと、ホールへ向かって歩きながら改めて感じたことでした。
でも、結局この気持ちが強い集中も生み出すので、緊張はとても大切なことです。
本番に合わせて如何に緊張できるかが(「あがり」ではありません!)、気持ちを高めて心身共に一番いい状態へ持っていけることにつながるのです。

とにかく、クラクフでの大切なコンサートを終えました

心配だった時差ぼけも大丈夫でした
終演後は懐かしい友人達が会いに来てくれました他にも知らない方々も挨拶に来てくれて、嬉しかったです
色々挨拶したりしていると終わったんだと実感する瞬間ですね

先生宅に帰ってからワインで乾杯でした~~
先生もイタリアでコンサートを前日に終えてこられたので、お互いに乾杯です。

それしにてもこんなに記念すべきコンサートだったのに、バタバタと帰ってしまい終演後の写真が1枚もないのが残念です




P1070723_convert_20151030003843.jpg
宮殿のようなフロリアンカホール。



P1070848_convert_20151030003932.jpg
お客さんは右側のドアからホールへ入って行きます。


P1070850_convert_20151030011821.jpg
楽屋として使われる部屋。ちょっと暗いのですが、赤、青、金と色とりどりのこの部屋も素敵です。
左のドアから舞台へ出ていきます。



P1080016_convert_20151030005959.jpg
リサイタルのポスター。写真では大きさが分かりにくいですが、とっっても大きいです!!今は壁に貼ってますが、保存に困るくらい。白地に金色の文字で綺麗です。

ポーランド① クラクフ到着&1日目

26日朝、無事ポーランドから帰国しました

帰国後、その日の午後から夜までレッスンし、翌日も朝から仕事、夜までレッスン
今日はようやくゆっくりしています。

興奮したままの精神状態で飛行機でも全く寝られず、そのまま日本の生活に突入し、それでもさすがに体の疲れは溜まっているので今日は10時間くらい寝ました
まだ気持ちがなんだか昂ったままのような気がしますが、荷物を片付けたり、向こうでのプログラムを見返したり、家の壁に貼ったポスターを眺めたり、ぼーっとしているうちに段々実感が湧き、やり遂げてきたという満足感や心地よい疲労感や、ポーランドでの日々を振り返って何とも言えない気持ちになっています。

これからブログに順に書いていこうと思います。


10月14日(水)
クラクフ到着
空港は以前と大きく変わり見慣れたロビーではありませんでした。
空港の拡張工事をしているようです。

空港へはピクル先生の奥様が迎えに来て下さって、先生家までは車で20分ほど。
クラクフでは先生の家に泊めて頂きます。
先生の家に着いて、夕食は食べない方がいい感じでしたが、ジューレック(ポーランド伝統のスープ)があるのを見て、食べたい
ついでに勧められるまま他の食事も頂きました
ポーランド料理は美味しいので何でも大好きなのです

日本で深夜まで練習した結果睡眠不足に陥り、おまけに飛行機でもあまり寝られずとても疲れました。
さっさと寝ます


10月15日(水)
今日は雨しかもとても寒いです。
早速セーターにロングコート。

今日は何度だろう…。
住んでいるときは、「あ、今日は0度もある!!道理で暖かいと思ったわ~」という感じだったんですけどねぇ(笑)

午前中にクラクフでコンサートをするホール、フロリアンカホールで少しだけ弾かせてもらえます。
留学中、このホールで始まり、このホールで終わったという、とても思い出深いホール・・・戻ってきた!という感じです。

9時、ホールに入っていくと私の大きなポスターがありましたチラシではなく
「クラクフ音大の著名な卒業生によるリサイタル」だって
このポスター大きすぎて持って帰るのが大変だったのですが、なんとかペッチャンコにならず日本に持ち帰り、今自宅にデンと貼ってあります!

宮殿の一室のようなホールでとても素敵ですが、響きすぎることが難点で、音作り、特にピアノやピアニッシモを作ることがとても難しいです。
コンディションまだ悪いしテンション低いし(元気がないわけではない)、なんだかぼーっとしたまま弾いてしまいました。でもコントロールがうまくできず、その音作りが難しいことを思い出し、なんとか明後日の本番までに整えないといけません。

11時に終わったので、その後散歩に出ました
雨で寒いけど(笑)

中央広場に出てくると、おお!!と感激しました
お店はちょこちょこ変わっているけれど、町は全く変わりません。いつ来ても変わらない町っていいですね
ただいまクラクフ

お金を両替した後、天気が悪すぎるのでがっかりですが、それでもあちこちウロウロ歩きました

寒さに耐えられず限界になったので帰ることに
自由時間少ないかもしれないけれど、お天気が良くなった時にもう一度来たいです。

帰ってから2時頃昼食。
ポーランドの昼食の時間は遅め、そして1日のメインの食事が昼食です。日本の夕食のようですね。
スープに始まり、じゃがいも、お肉、付け合せの野菜がワンプレートで出てくるのが一般的。夕食は朝食のように軽く済ませます。
私は留学したはじめ、知らずにお昼を食べていき、昼食を先生の家でご馳走になり(結果的に2回続けてご飯を食べたことになります)、満腹すぎて気分が悪くなったことがあります。
心配した先生の奥様にお医者さんを呼ばれてしまうという
消化すれば治るし・・と思いつつ、脈を測られ、さすがお医者さん、「何食べた?食べ過ぎ?」
「さっきのお昼ご飯よ。」
「ふうん、まぁ外国に来てすぐだから疲れてるんじゃないな。」と帰って行きました。
あまりに心配をかけたので申し訳ないですが、2回もお昼ご飯を食べたためとは絶対に言えませんでした(笑)

さて、その後延々2時間お昼寝。このお昼寝大正解でした!!疲れも取れて時差ボケも気にならなくなるくらいになったので、やはり疲れている時は寝るに限ります。
それから夕食まで練習しました。
今日はどうせ5時からしか練習できなかったのですが・・・海外での練習は望めないので、日本で“これでもか”というくらいに弾き込んできました。
明日で調子を整えます。

ポーランド演奏旅行の日程(4回のリサイタル)

いよいよ水曜日にポーランド演奏旅行に出発します
早いーーー
荷作りもしなくてはなりません。
旅行なら荷物は少なくが鉄則ですけれど、今回は色々と持ち物が増えてしまいます。
直前にバタバタと荷作りして練習時間を削られたくないので、ちょこちょこ準備してきました。
ロングのダウンコートは圧縮袋に入れてぺしゃんこに。セーターもいるし、完全に冬支度です。

バッグは、大きなスーツケース1つに、機内持ち込みのキャリーバッグで行きますが、このキャリーバッグでポーランド国内を3泊(4泊?)してコンサートツアーに出かけます
折りたたみのボストンバッグも入れていこうっと。

そのポーランドでのリサイタル日程です。
(日にちの隣のカタカナは町の名前です・・・一応念のため(笑))

★10月14日(水) 出発

10月17日(土) クラクフ
ショパンの命日です
本当は絶筆となったマズルカをプログラムに入れたかったけれど他との兼ね合いで諦めたので、アンコールにノクターンを弾こうかしら
そんな日にショパンを弾かないのも…と思いますしね。
9月10日の記事に書いた、ドビュッシー、シマノフスキ、ラフマニノフのプログラムです。
・・・この曲順で弾くのだと思っていたのですが、つい先日コンサートのホームページを見てみると、ラフマニノフ、ドビュッシー、シマノフスキの順になっていました!
まぁ、シマノフスキをメインの最後にするのは頷けることです。ただラフマニノフから始めるという心づもりで切り替えないといけませんね。

10月21日(水) ワンツット
ここで私は何を弾くのでしょう??(笑)
“「月光」(ベートーヴェン)は入れた方がいいんじゃないかな、持ち曲を組み合わせてプログラムを組めばいいから”と言われてから連絡がないので、ポーランドへ行ってから話をすることにします。
(向こうでは、チラシにはプログラムが記載されていないこともよくあります。)
当日はメモを持って出ないと自分が何を弾くのか忘れそうです(笑)

10月22日(木) ヤスウォ
クラクフと同じプログラムで演奏します。

10月23日(金) プシェミシル
ここが『夜をテーマにしたプログラム』を依頼されたところで、「音楽と自然」というテーマで開催される秋の音楽祭でのリサイタルです。それぞれのコンサートにテーマがあるようですね。私はこの音楽祭の2日目に演奏します。

★10月25日(日)ポーランド出国 → 26日(月)日本帰国


さて、ここで問題が3つ…

①時差ぼけ
本当は最初のリサイタルまでにもう1日欲しいところなのです。それなら完全に時差ぼけ解消。旅行ならあんまり時差ぼけ気にならないのですが(朝の4時に目覚めて夜早く眠くなったってどうってことない笑)、やはりコンサートとなると別です。

現地時間19時開演。日本との時差は7時間なので、日本時間の夜中2時開演ということになります。
何とか日本で調整できないかとこの3連休は遅寝遅起きしています。

②違う町で3日連続のコンサート
今までリサイタルを3日続けてしたことはありません。2日連続もありませんけれど。
それも場所(町)は移動の上に別プログラム。
2日連続と連絡が来た時はびっくりして色々と心配しましたが、次に3日連続と連絡が来た時は状況がもう想像もできず、あまりのことに心配な気持ちは吹っ飛び、「できるもん」という妙なテンションになってきました。

でも最後まで曲が減ることがなく、全曲持ち続けなければなりません。

かなりのタフさが問われますよね・・・かといって、特にやるべきことも考え付かないのでよく食べてよく寝ることにします

ちなみにこの間、日にちと場所しか知らないので、泊まる場所含め移動のこともポーランドへ行ってからのお楽しみです練習はできるのでしょうか…もしやリハーサルと本番しかないのでは…それも行ってのお楽しみ
臨機応変に対応しないといけませんが、これは慣れっこです


③余裕のない日程
24日はクラクフへ戻ってきて(ざっと調べるとプシェミシルから電車で6時間強かかるから戻るのは夕方になるのでは…)、25日はもう帰国するので、少しもゆっくりする時間がありません。
悲しい私かわいそう
全て終わった後、せめて1日はクラクフでお散歩したりぼーっとしたりしたかったなぁ
練習の合間に時間見つけてできるだけ散歩します。


かれこれ5年ぶりのポーランド
5年前の演奏旅行の時は、住んでいた時の「昨日」の続きに「今」がある不思議な感覚でした。
でも今回は更に間があいてしまったので、どんな気持ちで空港に降り立ち、また、どんな気持ちでクラクフの中央広場に立つのでしょうか。
感動するのかな、それともやっぱりポーランド時間がつながるのかな。

留学から帰ってきても、またポーランドで音楽ができる機会があるなんてとても幸せなことだし、本当に楽しみです

日本での仕事や諸々と全て離れてポーランドで弾くのです。
ポーランドでもっと音楽を高められるように、音楽に没頭できるように、日本で最後の準備を整えていこうと思います。

HOME

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター