ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

11月≪ 12月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015年は・・・

2015年も終わろうとしています。

大掃除は朝からまとめてやりました大変だった
年末年始の準備も何かとありますが、まずは家族で食べるケーキを・・・
今年は杏とクルミを使ったタルトを焼きました
うまく焼けたかな・・・大晦日に家族全員が揃う午後に食べます

元旦に親戚が集まった時に食べるキッシュも和風のものを2種類準備します明日はタルト台の空焼きと具材の準備、元旦の朝にアパレイユを流し込んで焼いて完成です

タルトは生地を寝かせたり敷き込んだりと手間と時間がかかりますが、生地の敷き込み大好き
今は気温も低いからバターも溶け出す心配ないし、生地の扱いも楽ちんです!

2015年は特に後半様々なことがあり、記念すべき年となりました。

短大にも仕事を得て、祖父との別れがあり、バルト三国へ旅をして、音楽面では日本でもリサイタルやコンサートは色々ありましたが、何よりポーランドでのリサイタルツアーが最大の出来事でした
毎年新しいプログラムを作ってきましたが、ポーランドへの演奏旅行を短期間で準備できたのも、こうしてプログラムを溜めてきたからこそできたこともあり、今まで積み重ねてきたことの自信になりました。
それと共に、自分がピアニストとしてどう音楽と向き合って演奏していくのかと改めて考えています。

来年の3月の、恒例の久保惣美術館でのリサイタルは、ポーランドで演奏した「夜」のプログラムを内容を変えて演奏する予定です。お昼間のコンサートですけれど(笑)

今年1年ありがとうございました
また来年も音楽とじっくり向き合っていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします
スポンサーサイト

クリスマス会2015

先日はピアノの生徒さんのクリスマス会をしました

まずホームコンサートの形で弾き合い会
いつものレッスンルームが発表の場ですが、テーブルを隣の部屋に移動して空いたスペースにも椅子を並べ、そこに生徒と保護者の方がずらっと座るので、いつもの雰囲気と違う上に観客席との距離が近い・・・ということで、ある意味発表会よりも緊張するようです
でもみんな最後のレッスン時よりも上手に弾けていました
よかったよかった

その後はリビングで大人と子どものテーブルに分かれて、わいわいがやがや、お茶とお菓子で賑やかに楽しみました

今回のケーキは、いちごムースとチーズムースの2層に仕立てたケーキを2台作りました
中にはいちごのマリネも入っています。
底と側面にするビスキュイは一度に焼き切れないので2回に分けて焼き、定規で測りながら切りそろえて敷き詰めるだけで結構時間がかかりました
いちごのマリネは火を入れ過ぎてとろとろになりすぎたかな・・・と心配しましたが大丈夫でした

前日に作っておいて、飾り付けは当日の朝で、出来上がり~

部屋を片付けて掃除してテーブルを運んできてセットして、ジュースや紅茶も用意して、お菓子も並べておいて、食器も出して・・・
発表会よりも準備することが多いですが、ここでゆっくり生徒さん同士も遊んでお友達になれるし、とても楽しみにしてくれているので、こちらも張り切って準備します

テーブルについてしまえば、あとは子ども達同士でとても楽しんでいます
大人が加わらなくても、ジュースを入れたりお菓子を追加したり、大きい子は小さい子を気にかけて、みんなでちゃんとやっているものですね
そして、上手に遊んで仲良くなるなぁといつも感心

私達大人のテーブルも和気藹々と会話が尽きずとても楽しく過ごしました
フルーツ、お菓子、ジュース、お花等色々とお心遣いも頂いて嬉しかったです

子ども達のテンションが最高潮に達した頃、全員で片付けをし始めてお開きになりました。

今年も楽しく終えられたのでよかったです

日本、ポーランド、スペインそして音楽

すでに時が経ってしまい、先月中旬のことになりますが、ポーランドからピクル教授が来日されました
今回は、ご友人と一緒です。
そのご友人は音楽家ではなく、バルセロナで知り合ったというスペイン人。

素敵ですよね、国籍も違うし、歳も20歳くらい離れているのに一緒に旅行できるなんて
フィーリングが合うのでしょうね。
それでとても楽しみされていた先生

東京観光の後に大阪に来られたので、地元の駅までお迎えに行きました。

10月の私のポーランド演奏旅行での演奏は好評だったとあちこちから聞こえてきてるよ、と
夕食時にまずはそのことで乾杯ポーランドでの話題でひとしきり盛り上がり、私はもちろん嬉しいし、みんなで喜び合いました

スペイン人の彼はとてもフレンドリーです。その後も色々な話題になり、楽しい夕食でした。

翌日は、先生、スペイン人、私、両親のみんなで奈良へ。別に両親は一緒に行くつもりはなかったのですが、車をご希望なのでアッシー君です。(私も運転しますが、知ってる道しか走れません

この時期とっても混んでいると聞き(しかも土曜日)、無事車で行けるのか、駐車場は空いているのかかなり心配しましたが、とにかく早くに着けば駐車場は空いているかもということで、朝7時に出発しました。
時差ボケのお二人には朝が早いのは大変でお気の毒ですが、仕方がないです。

ところが、この日は雨予報。
結果的に信じられないくらいすいていました
しかも、到着して車から降りると雨がやみ、帰りに車に乗り込むとすぐに降り出すという・・・・本当にものすごくラッキー

まずは何より東大寺の大仏を観ましょう!!
でもその前に鹿と戯れる先生とスペイン人。なかなか大仏までたどり着きませんでした(笑)

初めて来日したスペイン人にとって全てヨーロッパと違うもの。色々と説明できるようにしておかないとと前日の夜は改めて下調べしておいたのですが、日本のことをもっとよく知らないといけないなぁと反省

二月堂へも行って奈良の景色を見ました
さぁ、ここでみんなで記念に写真を…
私のカメラで撮るつもりで近くにいたご家族にお願いしました。

そして気付きました。

電池忘れてきた・・・・

「あっ、電池がない!!」
「充電忘れたんですか」
「違います、充電してコンセントに挿したまま電池を忘れてきました」
「え、そっちの『ない』ですか?!」
しくしく

それから春日大社へ。ちょうど七五三で、着飾った子供たちが欧米人に囲まれて写真に撮られていました。

昼食後に興福寺も見てから帰りました

夜は家でしゃぶしゃぶ。

先生がどこで手に入れたのか、ふらっと奈良で席を外した時に買ってきたスペインワインが2本
まずはそのうちのカヴァで乾杯(スペイン)
次に赤ワイン(スペイン)
それから日本酒(日本。スペイン人が飲んでみたいとまぁ、そうですよね。)
最後に、ウォッカ(ポーランド)
と、お酒も国際色豊かです

ウォッカのおつまみにはポーランドのソーセージ。
スペイン人「サラミみたいだね。スペインにもあるよ。」
先生「サラミじゃない!ポーランドのソーセージだよ。全く違う!」
とソーセージ論争が始まり、最後に、ポーランドのソーセージの方が美味しいよね、と先生がポーランド語で言い私がポーランド語で答え、ポーランド語が分からないスペイン人は言い返せなかったので、ポーランドのソーセージが勝利しました。

翌日、日曜日は先生のレッスンの通訳で1日中付き添いました
相変わらず、音楽に厳しく熱いレッスンでした
いつも通訳しながら私も勉強になっています。
響き、フレージング、ぺダリング・・・先生の音楽と向き合う姿勢がひしひしと伝わって、考えさせられることが多いです。

月曜日は京都へ行かれるとのことで見送ってお別れでした。
濃い3日間でとても楽しかったです


さて、昨日、私のポーランドでのコンサートの様子等が載った記事(新聞)と、ラジオのために録音したCDがポーランドから送られてきました。
素敵な絵葉書にメッセージも添えられて。
まだ聴いていませんが、すぐに聴こうかしばらく寝かせておくか少し迷います。

HOME

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2015年12月 | 01月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター