ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。日々のことを気まぐれに綴っています。

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津和野

行ってきました、旅行。
一人でのんびり、楽しかった~~


6月8日(日)

まず目指すは島根県の津和野。
なんとなく、萩と津和野ってセットのイメージがあったのでまず津和野に行くことにしたのですが、実際の交通は特に便利ではありません。
移動はバスでした。バスの時間も限られているけれど、でもヨーロッパ旅行も数少ない電車やバスの時間に合わせて動くので、私にとっては普通のことでした。
車で行けば楽だし効率いいだろうけれど、点と点ではなく道中も味わえるゆっくり電車とバスの旅は好きです

新幹線で新山口へ。新大阪で新幹線発車と同時に寝てました
気付けばもう新山口。おっと、危ない。
そこから、バスで津和野まで1時間50分の予定だったのですが、1時間20分で着きました。
車窓を楽しむ気満々だったのに、これまた熟睡で、思ったより早く着いたため寝起きで若干不機嫌。ここまでは寝るしかしてません(笑)
ちなみに、本当は新山口から特急が出ているのですが、去年の大雨の被害でまだ復旧していないので、代わりのバスです。

コインロッカーに荷物を預けて、いざ観光へ

P1050821_convert_20140614225943.jpg
   津和野駅。




P1050784_convert_20140614230349.jpg
  津和野のメインストリートの殿町通り。土塀沿いの掘割には鯉が泳いでいます。

P1050781_convert_20140614231540.jpg
   昭和6年に建ったというカトリック教会。教会内部は畳が敷いてあるので靴を脱いで入りました。修道女さんがいらしたので、色々とお話を伺いました。

P1050790_convert_20140614232502.jpg
 武家屋敷が連なっていたそうですが、そのうちの家老であった大岡家の表門。
   
     ↓

P1050794_convert_20140614232533.jpg
 門を入ると津和野町役場の入口になっていました。


P1050812_convert_20140614232421.jpg
  赤い鳥居が連なる道をつづら折りに登って行き、日本五大稲荷のひとつ、太鼓谷稲成神社へ。


P1050815_convert_20140614233329.jpg
   太鼓谷稲成神社。
  
P1050816_convert_20140614230256.jpg
   神社から見た山間に広がる津和野の街並み。

天気は曇りで寒めなので長袖を来ていましたが、湿気でべたべた。息苦しいくらい。
ここまでの観光は割とすぐ終わってしまいました。
一人なので会話することもないから、速いのですね。
時計を見ると、予定よりも1本早いバスに乗れる!!更に山頂を目指そうかと思ったのですが、それでもその次のバスまで時間余りすぎるなと思ったので、それなら早めに萩に行こうと、バス停まで急ぎ足
それでも津和野の地酒はゲット

ギリギリでバスに乗れました!!

乗客2人(笑)
次に目指すのは山口県の萩市です。

津和野から萩までは1時間40分。途中お客が私一人という区間がありました。ローカルバスに私一人。ちょっとわくわく
降りる時に、運転手さんが「少し安く来れるバスカードがあるのにぃ」、とその場でバスカードを売ってくれました。

駅前のビジネスホテルを予約しておいたので、チェックインを済ませてから萩観光に出ることにしました。

てくてく川沿いを歩きます。山が見えて素敵だなぁ

P1050828_convert_20140614230016.jpg
 吉田松陰が開塾した松下村塾。あぁ、ここが・・・と感慨深い。
 吉田松陰の実家で幽閉生活を送った部屋も残されていました。


P1050835_convert_20140614234619.jpg
  松陰神社。


あと1キロくらい歩く必要がある毛利家菩提寺の東光寺に今行くか迷いましたが、今日行こう!と思ってまたてくてく歩きます。
昔ながらの家々が立ち並び、ここだけでも十分雰囲気を味わえます。

東光寺到着!!あれ?門が閉まってる・・・・調べると17時まででした。この時すでに18時
がっかりしたけれど、明日来ればいいのだしと思いながら元来た道を戻りました。

明日は萩の観光の1日です!
スポンサーサイト

コメント

 津和野は観光地で有名ですが、私は行ったことがないんです。
 津和野駅の周りは随分長閑なんですね。もっと家やお店がたくさんあるのかと思ってました。掘割に鯉が泳いでいるのは、テレビで見たことがあります。
 路線バスにお客さんが一人というのは、ターシャも神戸市バスで経験したことがあります(市バスは一人でもいいんですが、ライブハウスでお客が一人だったときは、ちょっとばつが悪かったかな)。カトリック教会と稲荷神社、どちらも知らなかったです。もし、津和野に行く機会があれば行ってみたいです。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

プロフィール

Ayako

Author:Ayako
ピアノや音楽との日々こと、日常のちょっとした出来事、ふと思いついたことなどを、思いつくままに綴っています。

最新記事
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
メールフォーム

メッセージは下記のメールフォームよりお気軽にご連絡下さい♪ (コンサートについてのお問い合わせ、レッスンのお問い合わせ、演奏・伴奏などのご依頼など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。